フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。
  • 荒天時(特別警報発令時、大雪等の場合)には休館となる場合があります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

2020年9月29日 (火)

オンライン会議セミナーを開催しました

新型コロナウイルスの影響で、在宅でのテレワーク、オンライン会議の需要は最近高まる一方です。

群馬県内でもオンラインツールの活用を図ろうと、ZoomによるNPO法人向けオンライン会議セミナーを企画・開催いたしました。

日時 2020年9月25日(金)、13:30~16:00

会場 NPO・ボランティアサロンぐんま

3団体3名参加

市民ITサポーター2名のご支援を頂きました。

参加者はいずれもオンライン会議参加初心者です。

パソコンはサロンのものを使用したので、参加者向けに予め取得したアカウントを用いて

の参加となりました。

Img_2199

Img_2194
Img_2203※感染予防のため、フェイスシールドを着用しての支援です

spade内容

・オンライン会議の基本について

・Zoomの招待を受けて会議に参加する

・Zoomの基本的機能

・Zoomで参加者を招待する

・Zoomのセキュリティについて

club参加者の声

・基本的操作だででなく詳細な機能も一通り教えて頂き助かりました。

・招待側の体験も役に立ちます。

・オンライン会議の方法が理解できました。

新型コロナウイルスの影響が今後いつまで続くのか予想できない状況です。

今年度になり、サロンにもNPO法人の総会開催ができないという相談が多数寄せられました。

今回の講座を生かして、来年度に向けた総会や会議開催などに是非オンラインツールを活用して頂きたいと思います。

diamondこの後3回予定している講座はいずれも好評で、3月5日(金)の1団体分空きがあるのみです。

ご参加を検討している団体の方は、お早めにお申し込みください。

2020年8月31日 (月)

日本ボランティアコーディネーター協会の研修・セミナーのご案内

20200831_160647_0001

20200831_160647_0002

2020年7月22日 (水)

日本たばこ産業株式会社上信越支社様からの、パックごはん贈呈による協働事例

JTグループは責任ある地域コミュニティの一員として、事業を通じ社会課題の解決に貢献し、社会的責任を果たしていくことが求められていると考えています。グループとして緊急支援物資の寄贈を全国的に実施しています。

群馬県では上信越支社様からNPO・ボランティアサロンぐんまを経由し、

NPO法人Gコミュニティ様、あつまれ前橋スポット様に

パックごはん(事業会社:テーブルマーク) 192食

が贈呈されました。

贈呈式の様子は下記のとおりです。

NPO・ボランティアサロンぐんまの委託を受けている群馬NPO協議会会長 太田より開会のあいさつ

109834819_310211050156655_744378227

日本たばこ産業株式会社 リレーション推進部CRM推進担当部長 蜂谷明子様からパックご飯寄贈についての主旨説明

115750570_1715103491983116_81650861

贈呈

109868123_274593897177893_417554435 

115913514_912511545911959_520945675

お礼のことば

あつまれ前橋スポット 清水紅様

NPO法人Gコミュニティ 本堂晴生様

109514220_285149552749140_612116270

お祝いのことば 群馬県県民活動支援・広聴課 課長小野里隆行様

115806755_766077447497379_223418732

全員の写真撮影

109935966_1226336334365444_694186_2

あつまれ前橋スポットさんは、8/23/2020 「ニコニコカレーと食品配布こども食堂」が行われ、ランチと食材を総勢156名に手渡されました。そのなかでJTさんのパックごはんも手渡されました。

https://www.facebook.com/atsumaremaebashispot/posts/1299708353709314

NPO法人Gコミュニティさんは外国籍の子どもさんたちを支援する中で、随時パックご飯を配布していく予定です。

日頃から、地域に密着した活動を行っている団体を通じ、支援が必要な多くの人々にパックごはんを配布することができました。

2020年7月 6日 (月)

新型コロナウイルス感染症対策等支援活動」のために募集する寄附金の扱いについて

【内閣府】認定NPO法人・特例認定NPO法人が自ら行う
「新型コロナウイルス感染症対策等支援活動」のために募集する寄附金が
指定寄附金(企業等の寄付金が全額損金算入可能、国・自治体と同様の扱い)の対象になりました。 ⇒ https://www.npo-homepage.go.jp/news/coronavirus/corona-shiteikifukin

2020年6月29日 (月)

第25回 市民活動支援センタースタッフ情報交換会(オンライン)

2020年6月26日(金)、13:30~14;30
第25回 市民活動支援センタースタッフ情報交換会を開催しました。
今回は新型コロナウイルスの影響もあり、初めてオンライン会議ツールを用いた会議となりました。
支援センター10 スタッフ14名、行政職員2名の計16名が参加しました。

626_3

事前に各センターの今年度事業計画と、現状と課題、質問のアンケートを集計したものを資料として用い、質問や意見交換を行いました。
以下の点について、話し合われました。

1.オンラインツールの導入について
  多くのセンターが必要性を感じていました。
  スタッフミーティングをZoomで行う、マニュアルを作成する等、
  まずスタッフ間で研究してから実際の導入を検討するプロセスがありました。
  オンラインツールに不慣れな世代の支援が課題となっています。

2.今後の事業展開、住民活動を活発にしていくためにどうしたらよいか?
  県内のNPO法人や登録団体へアンケート

を実施し、現在の情報を収集
  コロナウイルスの影響下での活動を情報誌に紹介する等の情報発信を行った
  セミナーや集まりについては、人数制限を行うところが殆ど
  登録団体の交流会を何回にも分けて行うことを企画している

3.企業の社会貢献について
  コロナウイルスの影響で生活困窮している学生を支援するため、企業に呼びかけ食品の寄付を行った
  企業からの食品提供と子供食堂、社協とのマッチングを支援センターが行う需要が高まっている

初のオンライン会議で準備に手間取ったり、不手際もありましたが
やはり実際に開催してみないと実感を掴むことはできません。
今後も相談対応や打ち合わせ等、オンラインツールの活用を検討していきたいです。

flair9月18日(金)には、オンライン会議ツールの使い方のセミナーを開催予定です。

2020年6月 3日 (水)

県内NPO法人へ新型コロナウィルスに関する緊急アンケートを行いました。

群馬県内新型コロナウイルス感染症対策に係るNPO等支援のための緊急アンケート

<実施主体>群馬NPO協議会    <協 力>NPO法人市民立ぐんまNPOセンター

<目 的> 給付金の改善、地域創生臨時交付金(増額時)、休眠預金、共同募金会助成金活用などへの提案に役立てていきます。

<対 象> 群馬県内のNPO法人、任意団体  694団体 

<期間・回答方法> 期 間:5月21日(木)~31日(日)

方 法:ウェブフォーム入力77団体 アンケート用紙郵送しFAXまたは郵送で回収37団体   

 回答114団体(NPO法人113団体 任意団体1団体)回収率16.43%

1_2

2

3_2

4

5

6

7

高齢者、障害者、文化・スポーツ分野で、持続化給付金や非営利団体向けの補助金の活用を希望していました。

8

1000~3000万未満の団体の回答率が高く、一番運営や資金調達に悩んでいる姿がうかがえる。

9

10


2020年5月18日 (月)

5/16より一部再開しましたサロン業務ですが、本日5/18 16:00より再び休止となりました。

5/16より一部再開しましたサロン業務ですが、本日5/18 16:00より5/31まで再び休止となりました。

ご相談はメールまたは電話で受付ています。

印刷、FAX、ラミネート、パソコン、レターケース、書籍、資料閲覧、テーブル(打合せ等)のご利用はできません。

ボランティア保険は県庁2階県民活動支援広聴課で受け付けます。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

20200518_162538_0001

2020年5月16日 (土)

H30年度決算書調査を行いました

2012年4月からNPO法の改正により、NPO法人の会計報告は収支計算書からNPO法人会計基準に基づいた活動計算書に変わりました。

以後NPO・ボランティアサロンぐんまでは県内NPO法人を対象とした会計基準導入状況を把握するため、決算書調査を行っています。

NPO法人809法人の平成30年度年度決算書調査を行いました。(令和2年3月末現在)

決算書提出状況は以下の通りでした。

提出済 701法人 

未提出 108法人 

未提出法人は全体の13%でした。

H30

収益規模について

収益ゼロの法人が14%(92法人から98法人に増加)

1億円以上の法人は4%から5%(26法人から32法人)増加

1億円以上の法人は介護保険事業、障害者福祉作業所、放課後等デイサービスなど制度化された福祉事業系法人が多かった。

H30_7

調査法人の収益額合計と寄付額合計

収益額合計は過去最高となったが、対比して寄付額の伸び率はあまり大きくなかった。

H30_3

NPO法人会計基準導入率と年度別導入推移

9割弱の法人が収支計算書から活動計算書に変わりました。

Photo

会計基本項目の不備

貸借対照表の科目、次期繰越正味財産と貸借対照表の正味財産合計の不一致等、会計の基本項目不備の法人は1割程度で昨年度と変化はありませんでした。

Photo_2

注記の添付状況

財務諸表の注記は、活動計算書、貸借対照表と一体となり、NPO法人のより詳しい情報を利用者に伝えるためのものです。したがってNPO法人会計基準では非常に重要なものとして捉えられています。助成金、固定資産、借入金がある場合は具体的に注記に記載することになります。

助成金、固定資産、借入金がある法人の注記添付率が49%から54%に増えました。

Photo_3

重要な会計方針

NPO法人会計基準は2017年12月12日最終改正となりました。改正された会計基準の適用時期はNPO法人の任意ですが、なるべく早めに導入することが望ましいです。

※改正版では注記の「重要な会計方針」の冒頭を変更します

2017年12月12日最終改正となっていたのは79法人で11%、昨年の39法人6%に比べ倍近く増えました。

Photo_4

事業費より管理費が大きい法人割合

福祉作業所運営など比較的収益規模の大きい法人は、管理費のうち役員報酬や事業所職員の給与が占める割合が大きいケースがありました。

役員報酬を管理費に計上している場合、報酬の規程が役員名簿に表記してある必要があります。

役員報酬を管理費に計上している法人は81

そのうち役員名簿に報酬規程がある法人は70

報酬規程のない法人は11でした。

管理費における役員報酬と役員名簿の連動性について、今後も調査を実施していく予定です。

小規模法人は事業費をかけられないのでボランティアや物資を持込で事業を実施する傾向。管理費の内訳は、賃借料、住民税均等割り、総会及び理事会の会場代、印刷代経費等で事業費より大きくなっています。

また、役員報酬は事業費、管理費ともに計上していないケースが殆どでした。

H30_5

会計基準準拠率と寄付額割合について

決算書に不備がない法人ほど寄付を受け付けている法人割合が高く、寄付額も高額である傾向がありました。

H30_6

NPO法人会計基準について

http://www.npokaikeikijun.jp/

2020年5月15日 (金)

サロンの窓口業務一部再開

明日16日から、NPO・ボランティアサロンぐんまの窓口業務一部再開となります。

🍀本、資料閲覧の一部は短時間なら可能
🍀PC、テーブル利用は休止
🍀ボランティア保険の受付は再開
🍀コピー、印刷機の利用は予約制

 よろしくお願いいたします。

20200515_154057_0002


よろしくお願いいたします。

 

2020年5月 1日 (金)

電話・メールでの相談は受けています

20200501_121823_0001