フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

2019年1月19日 (土)

協働セミナー2018 「SDGsでつながる協働」

2019年1月18日(金)13:00より
太田商工会議所にて協働セミナー2018 「SDGsでつながる協働」を開催いたしました。
当日は定員を超えた計48名の参加がありました。
(企業18団体20名、NPO、市民活動等17団体20名、教育機関、中間支援組織、行政等6団体8名)

Img_1863

今回は企業、行政、NPOなど様々なセクターの人々が一同に集まり、SDGs(持続可能な開発目標)を学びながら意見交換・交流することがテーマです。
講師にはSDGsを楽しみながら体験して学ぶことのできるカードゲーム「2030SDGs」を開発した一般社団法人イマココロボの稲村健夫氏をお招きしました。

Img_1870稲村健夫氏

spade当日のプログラム
1.ワークショップ カードゲーム「2030SDGs」 稲村健夫氏
  SDGsについて
  カードゲームの概要とルールについて
  ゲーム体験
  ふりかえり

2.「協働による地域づくりに関する指針」について 群馬県県民生活課

3.交流会


カードゲーム「2030SDGs」はSDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道程を体験するゲームです。
今回は1チーム3名、計16チームがゲーム上での世界の全体を構成することになります。

基本的なルールは、
①最初に一定のお金と時間のカードが与えられ、達成するゴールが提示される
②お金と時間を使って世界の経済、環境、社会の3つに関するプロジェクト活動を行う
③②により新たなお金、時間などの報酬と新たなプロジェクト、意思カードが与えられる
④経済、環境、社会の状況レベルに変化が起きる
⑤ゴールを達成する

Img_1876_2達成するゴールのカードを引いているところ

Img_1881ゴールの一つ「貧困撲滅の聖者」Img_1882_2社会プロジェクト

どのような手段でプロジェクトを行うか、お金や時間をどのようにして得るかは
参加者同士の交渉次第で自由に行うことができます。
また、世界の経済、環境、社会の3つは色分けされたマグネットでホワイトボードに張り付けられ、参加者全員で常に共有されています。(青=経済、緑=環境、黄=社会)
参加者の価値観と意識によって、この世界の状況はゲーム毎に異なるものになっていきます。

Img_1888

Img_1890前半終了時の世界の状況。環境、社会のレベルが低いということを全員で共有。

後半は環境、社会に関するプロジェクトを行うため、団体同士の様々な交渉が活発に行われるように行動が変化。

ゴールを達成していないグループを助けるような動きもちらほら。
Img_1896ゲーム終了後の世界の状況(ゲーム前半よりも環境と社会のレベルが上がっている)


ゲーム終了後チームごとに振り返りを行い、体験や気付きを共有しました。
限定された時間内ではありましたが、参加者同志が協力し合うことや
目標を定めて行動すること、世界の状況を把握することで変化が起きることを体験することができました。

カードゲームの最大の目的は世界の状況を可視化して目標を定め、共有すること、
そのことでSDGSの可能性を知ることにあります。

現実の世界の中で地域課題にどのように取り組んでいくか、異なる価値観を持つ人同士でどのように協力し合うか?
様々な形で世界との関わり方を探り、自分たちでプロジェクトやゴールを決め
今までにないものを新しく作り出すことができるところに
SDGsをベースにした協働の可能性があるのではないかと思います。

ゲーム終了後、企業参加者の紹介がありました。

群馬県県民生活課の担当職員からの「協働による地域づくりに関する指針」について説明後、

参加者同士で交流会を行いました。

Img_1905

今後の新たな発展が望まれます。

clubSDGsについて

http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

diamondイマココラボ、カードゲームについて

https://imacocollabo.or.jp/

2019年1月 7日 (月)

つかいみちを選べる赤い羽根募金

団体を選んで寄付をする募金です。

つかいみちが明確で、みえます。

税制優遇があります。企業は全額損金算入できます。

団体の詳細情報が開示されていますので、団体を選ぶ上で参考になります。

集まった寄付額も随時更新されます。

http://www.akaihane-gunma.or.jp/choice-2/

20190107_131839_0001

2018年12月18日 (火)

2018年会計基準改正説明会および税理士個別相談

20181214日(金)、県庁昭和庁舎にて

会計基準改正説明会および税理士個別相談会を開催しました。

関東信越税理士会群馬県支部連合会に所属の池田雅彦税理士にご支援を頂きました。

 

第一部       NPO最新情報についての説明には15団体が参加しました。

     NPO法改正による公告実務について

201810月施行で貸借対照表の公告が必要となりました。

定款変更、公告方法についてまだ未対応の法人は、お早目の対応をお願いいたします。

club変更についての詳細はhttp://www.npo.pref.gunma.jp/download2/taisyaku.pdf

 

     NPO会計基準の改正について

201712月の主な改正点は、以下4点です。

1.受取寄付金の認識

2.役員報酬と関連当事者間取引の明確化

3.その他の事業のある場合の活動計算書の表示の変更

4.特定資産のQ&Aの改正

Img_1849_3

Img_1854_3質問があり、池田税理士にもご回答を頂きました

club会計基準に関する詳細はhttp://www.npokaikeikijun.jp/download/kaisei_balancesheet_201712/

 

     SDGs(継続可能な開発目標)について

2019118日(金)、太田商工会議所にて協働セミナーを予定しています。

カードゲームによりSDGsについて楽しく学ぶことができます。

企業、NPO、行政など異なるセクターの人々が共に学び、交流できる機会を提供したいと思っています。

地域課題の解決には、関わる人々のパートナーシップ形成が不可欠です。

club協働セミナー申し込みはこちらから→http://nposalon.kazelog.jp/npo/seminer.html 

 

     休眠預金の改正について

預金者等が名乗りをあげないままとなっている休眠預金は、2019年秋頃に

民間公益活動の促進に活用される予定です。

分配された資金を有効に活用するため、どの団体と協力するか等、現段階で計画を立てておく必要があります。

    

   club休眠預金に関する金融庁のサイト

    https://www.fsa.go.jp/policy/kyuminyokin/kyuminyokin.html

第二部 税理士個別相談は3団体から申込がありました。

Img_1855_3

Img_1858

相談内容は

     年末調整の仕方

 

     税理士に顧問をお願いするタイミングについて

ソフトを導入していて、ソフトについてはNPO・ボランティアサロンぐんまでも予約相談できるので、収益が消費税が派生する1000万円近くになってから検討することを勧めた。

会計王に入力しているが、部門設定について

収益事業はグループとして設定すると損益計算書に反映される。

 

     金融機関より借入をして、本年度より事業をおこなっているが、借入金の計上の仕方について

借入金は貸借対照表の負債の部に計上。活動計算書はマイナスとなる。

海外活動は領収書発行が難しいケースもあるため、交通費手当、活動手当として、一定額を支給する内部規定を作った。この場合の費用計上についてはどのようにしたらよいか?

給与手当とは別に、交通費、活動手当という科目で計上する。

源泉徴収については税務署に確認するようにアドバイス。

2018年11月14日 (水)

平成30年度 商店街活性化支援講座 第3回

2018年11月9日(金)NPO・ボランティアサロンぐんまにおいて
群馬県商政課主催のセミナー「SNSを活用した効果的な情報発信」
が開催されました。

Img_1789

商店街やNPOなど、まちなかの活性化に取り組む団体の情報発信力を向上させることがねらいです。

6月、8月に引き続き3回目となった今回が今年度最後の開催となりました。

前回と同様、NPO・ボランティアサロンぐんまでは講師、サポーターとして
市民ITサポーター4名の方にご協力いただきました。

spade前半 13:30~15:05
 参加者 行政職員、一般など5団体

Img_1792_2

Img_1794
club後半 15:15~16:50 
 参加者 NPO、任意団体など5団体

Img_1797

Img_1800

参加者はFacebook初心者やアカウントは持っているもののあまり活用していない方が中心です。
最初にFacebookの基本的な画面の構成について説明があり、
実際に友達申請の仕方を操作して学びました。
更に団体を運営する上で不可欠な団体用ページ、イベントの作成を実習しました。

flairページやイベントの効果的な活用

・ページに友達からの「いいね!」をリクエストする
・イベントに友達を招待する
・友達をふやして、情報を拡散してもらう
・興味をもった記事にコメントを投稿してみる
・多くの人と共有したいような情報はシェアして、ページにリンクを掲載する

Facebookでは、詳細な設定や画面が頻繁に更新・変更されます。
常に閲覧・投稿を続けることが、地道な活用のポイントになりそうです。

2018年11月12日 (月)

2019年1/18日群馬初!SDGsカードゲームでつながる協働

http://www.pref.gunma.jp/07/c01g_00027.html

20181112_125435_0001

20181112_125435_0002

2018年10月31日 (水)

平成31年度 地球環境基金 助成金説明会

2018年10月26日(金)18時半より、

県庁昭和庁舎21会議室にて地球環境基金 助成金説明会・セミナーが開催されました。

環境保全活動等に関わるNPO法人を中心に、19名の参加がありました。

Img_1764

今回から助成を希望する活動分野と関連するSDGsの目標とターゲットを選択することが、助成金の要望書に追加されました。

※SDGs(持続可能な開発目標)とは

2015年9月の国連総会で採択された、2030年までの持続可能な開発のための17の目標

このことを踏まえ、助成金説明会とあわせてSDGsの勉強会も開催されました。
初めに担当職員からSDGsの概要について説明があり、
その後群馬県内でSDGsに取り組んでいる事例として、2つのNPO法人から事例発表がありました。

1.NPO法人チャウス(代表:加藤正幸さん)

Img_1768_2


Img_1772_2
  ・2002年から自然体験学校を運営(チャウス自然体験学校)

  ・学校などでESD(持続可能な教育のための教育)に基づいたプログラムを展開
  ・ふるさとのきれいな川をつくろう 

   サケ・ヤマメの卵を育てて川に放流・ゴミ拾いウォーク(両毛漁業協同組合 連携協働)
  ・前橋里山体験プロジェクト チャウス田んぼの学校 里山体験ワークキャンプ
   (前橋市田口町・NPO法人前橋環境保全基地(アリスの森) 連携協働)

2. NPO法人環境保全基地・アリスの森(代表 鈴木正知さん)


Img_1781


Img_1777
  ・田口町にあるアリスの森の活用(前橋里山体験プロジェクト)
  ・前橋スローシティの構想について(白樺牧場の羊の放牧の例)
  ・前橋地域づくり協議会・前橋への移住支援

Img_1787

加藤さん:「これまでの活動が既にSDGsに当てはまっていた」

鈴木さん:「地域の様々な分野に取り組む人々がつながりを持つことが大切」
  

SDGsは国連が掲げた遠い未来への果てしない展望というイメージがりますが、
実際県内で身近な活動を展開している法人の事例を聞いて、現実感を持つことができました。
SDGsは既に身近にある地域の課題に取組む上で必要不可欠な、
様々な団体とパートナーシップを結ぶ上でのキーワードになりそうです。

flair来年1月、群馬県内でもNPO・企業向けの協働をテーマにしたSDGsに関する勉強会を開催予定です。

bud地球環境基金 助成金について http://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/index.html

clubSDGsについて http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

2018年10月16日 (火)

情報発信セミナー

2018年10月10日(金)、14:00よりNPO・ボランティアサロンぐんまにて 情報発信セミナー「ブログ開設と投稿」を開催しました。

参加者はNPO法人7団体7名

テキストの作成及び講師は市民ITサポーターのスタッフ2名のご協力をいただきました。

Img_1751

今回の講座は、ホームページ作成ウェブサービスJimdoを用いたブログ開設と投稿について学びました。

Jimdoは、インターネット接続可能な環境とパソコン、ホームページを見るためのブラウザが あれば簡単に無料で登録できます。(有料版もあります)

NPO法人の中には完成度の高いホームページを持ちながらも、更新方法が困難だったり、更新料が発生するなどの問題でうまく活用していないケースがありがちです。

そのため、もっと簡単にホームページを作成してNPO法人の活動を手軽に発信していくことが求められています。

Jimdoはホームページ作成に必要な要素を一つのサービスとしてまとめて提供しているため、 ページ制作から公開、管理更新まで容易に行うことが可能です。

講座では、NPO法人で運営することを想定したテンプレートを予め用意し、 画面を見ながら記事や画像を投稿する練習を行いました。

Img_1757
clover講座の内容

ホームページの基本的な構成

ページの編集方法

ブログの投稿

ブログのマナーについて

SEO(検索エンジン)の最適化

flair2018年10月1日からNPO法改正により、貸借対照表の公告が義務化されました。

団体のホームページ内に事業後報告書や公告に関するページを作成し、 決算書類をJPEG画像で掲載することにより、公告に対応することが可能です。

Photo

参加者からは、思ったよりホームページ作成が簡単にできそうだという感想がありました。

団体の構成員で手軽に情報発信することが、活動の幅を広げることにつながります。

appleJimdoについてhttps://www.jimdo.com/

2018年9月19日 (水)

会計基準改正&税理士による個別相談

9月14日(金)、きりゅう市民活動推進センター ゆいにおいて、
会計基準改正&税理士による個別相談が行われました。
東毛地域のNPO法人7団体、8名の参加がありました。

前半はNPO法人を対象とした法改正、会計基準改正について
NPO・ボランティアぐんまのコーディネーターが最新情報を説明しました。
関東信越税理士会群馬県支部連合会の福田秀幸 会計士・税理士のご支援を頂き、
会計基準改正についてアドバイスがありました。
後半は会計に関する個別相談会を行いました。

Img_1738

Img_1746

clover当日の内容

前半
 1.2017年12月改正 NPO法人会計基準の改正について
 2.2018年10月施行 貸借対照表の広告の方法等について
 3.SDGs(持続可能な開発目標)について
 4.休眠預金の活用について
   
1.2017年12月改正 NPO法人会計基準の改正について 改正されたのは以下4点です
   ①受取寄付金の認識
   ②役員報酬と関連当事者間取引の明確化 
   ③その他の事業がある場合の活動計算書の表示の変更
   ④特定資産のQ&Aの改正

diamond詳細は、みんなでつかおう!NPO法人会計基準  

 http://www.npokaikeikijun.jp/download/kaisei_balancesheet_201712/を参照ください

flair今回最も重要な情報は、2.2018年10月施行 貸借対照表の広告の方法等についてです。

 NPO法の改正により、NPO法人は毎事業年度終了後に貸借対照表を

公告ることになります。(「資産の総額」の登記は不要)
 

fullmoon重要!

 公告方法について、定款に記載されている方法で行わなければならないため、「官報に掲載して行う」と規定されている場合、貸借対照表の公告も官報に掲載することになります。その場合、数万円の費用が必要となります。したがって貸借対照表の公告を別に定めることも可能ですので、下記を参考に定款を見直し、すみやかに定款変更することをお勧めします。
 
公告方法の記載例
 ①官報②日刊新聞③電子公告(法人のHP等)

 ④掲示板など、主たる事務所の公衆の見やすい場所③で内閣府NPO法人ポータルサイトを選択することも可能です。(登録無料)
diamond詳しい登録方法は内閣府NPOホームページ

https://www.npo-homepage.go.jp/news/1806news-npo-infoを参照ください

後半
 会計士・税理士による個別相談には2団体が参加しました。
 会計処理は自己流で行っていると問題点が起こりやすくなります。専門家のアドバイスを受けることで、新たな観点から見直しが可能になります。

Img_1747

Img_1748

主な質問

分かりやすい活動計算書を作成するには?
・事業費の内訳を科目に振り分ける 
・借入金は貸借対照表の長期借入金に計上する
・返済金は貸借対照表の現金預金へ計上する

集めた募金を他団体に寄付する場合
・募金は寄付金収入、寄付する時は寄付金支出とする
・募金箱、広報などの費用は事業費にする
・募金活動をしても収益事業には該当しない

cloverNPO法人をとりまく情報は日々変化します。HPやチラシなどの広報物で最新情報を常にチェックし、運営に反映させることをお薦めします。

2018年9月10日 (月)

貸借対照表の公告は済みましたか

桐生会場は9/13(木)まで 参加申し込みを受け付けています。

20180813_144821_0001

20180813_144821_0002

2018年8月10日 (金)

平成30年度 商店街活性化支援講座 B日程

2018年8月3日(金) 太田市役所2階セミナールームにおいて 群馬県商政課主催のセミナー「SNSを活用した効果的な情報発信」が引き続き行われました。


まちなかの活性化に取り組む団体が、Facebookの活用法を学んで情報発信力を付け、実践できるようになることがねらいです。

Img_1713_4

前半のA日程同様、講師・サポーターとしてサロンスタッフ及びサロンに登録している市民ITサポーター4名の方にご協力いただき、主に団体ページやイベントページの作成方法を学びました。

①後半B日程 15:15~16:50
 参加者 商店街関係、NPOなど計5団体5名が参加されました。
 

 内容は前半と同じです。

 clover個人、友達のタイムラインなど基本的な画面の構成
 
 clover友達申請の仕方
 
 clover団体用facebookページの作成、記事投稿
 
 cloverイベントの作成

 clover効果的なページの見せ方について など。

Img_1726

色々あるSNSのそれぞれの違いについても説明がありました。

Img_1734

実際にfacebookページにアクセスしたり、作成したりしました。

Img_1729

『ログインできない』『同じに表示されない』等々、アクシデントも多少発生することもあるFacebook講座ですが無事終了することができました。