フォトアルバム

NPO・ボランティアサロンぐんま

  • 〒371-8570 群馬県前橋市大手町1-1-1 県庁昭和庁舎1階 TEL:027-243-5118 FAX:027-210-6217

サロン業務のご案内

  • ボランティア募集・ボランティア活動希望・NPO相談・イベント情報などサロンの日常をお伝えしていきます。 群馬NPO協議会は群馬県よりNPO・ボランティアサロンぐんまの運営を委託されています。

開館時間のご案内

  • 2023年4月1日 開館時間 平日10:00~19:00、土曜日10:00~17:00、日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。
  • 荒天時(特別警報発令時、大雪等の場合)には休館となる場合があります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« 2023年10月 | メイン | 2023年12月 »

2023年11月 9日 (木)

協働コーディネートを学ぶ第3回 協働事例から学ぶ

2023年10月21日(土)、午後1時半より昭和庁舎35会議室にて

セミナー「協働コーディネートを学ぶ第3回 協働事例から学ぶ」を開催いたしました。

8月から始まった連続セミナーの最終回で、群馬県の協働の指針を振り返ること、県内の協働事例の現状について知ることを目的としています。

行政職員3名 NPO法人7団体12名 企業2名 中間支援センタースタッフ8名 計25名が参加しました。

Img_3631

内容

第1部 基調講演

 協働の指針について振り返る

Img_3625群馬県協働の指針策定座長 群馬大学教授 小竹裕人 氏

・協働という言葉の意味すること

・協働の定義の2つのキーワード「公共」と「対等」

・群馬県の協働に関する指針の変化

 「NPOと行政との協働に関する指針」2008年

 「協働による地域づくりに関する指針」2019年改訂

 ※行政、自治体から民間へ主体が移行、様々な主体が地域課題解決に積極的に関わっていく

spade群馬県協働による地域づくりに関する指針についてhttps://www.pref.gunma.jp/site/npoborantia/16788.html

 第2部 県内の協働事例発表 

 1.株式会社ケアコムの取り組み  

Img_3638_2株式会社ケアコム社長室 ゼネラルマネージャー 遠藤広樹 氏

株式会社ケアコムは2022年に玉村町と包括連携協定を結び、相互も連携を強化することで地域社会の発展に貢献することを目指しています。

遠藤氏は株式会社ケアコムにおいて地域活性化を担当され、独自のアイデアにより地域活性化のためのプロジェクトを行っています。

①地域住民と協力して開催するイベント「ケアコム農園祭」

玉村町工場で所有している農園を一般市民にも開放できないかと考え、地域住民が参加できる収穫祭「ケアコム農園祭」を2015年から開催しています。

当日の運営は大学生ボランティア、イベントのステージ発表は町で活動する市民団体が参加。玉村町住民サポートセンターぱるの協力を得た。また、玉村町に在住する外国人と住民の接点にもなるよう、外国人支援団体にも協力を得て料理を提供するブースを出店。付近にある国の有形文化財でもある重田住宅を第2会場とし、電動バスで移動し地域おこし協力隊の協力によりポテトチップスつくりを行った。

②民生委員との協働による、地域の高齢者(生活保護受給者の方など)への健康プロジェクト

健康状態が低下しつつある地域の高齢者を対象に、農園での作業と収穫した野菜、健康的な食事の提供によって健康数値を改善する試みを行っています。

③行政、企業との協働による地域サロンをもっと楽しく

(令和5年ぐんまデジタルイノベーション加速化事業)

 玉村町で開催している健康サロンに身体を動かすゲームを導入。ゲームをするだけで健康状態が分かり、必要時には地域でサポートできる体制をとる。

 2.地域企業との関り NPO法人みんなのおうえん団 

Img_3657(左から)学生部副代表 尾形 穰 氏 代表 靍田雄大 氏  

富岡市で活動しいるNPO法人。月1無料学習会、児童擁護施設での学習支援、子どもの居場所つくり、企業との連携による学習会を開催している。

学習支援は主に大学生ボランティアが担っている。

地元企業との協働による事業

・株式会社ヨコオ 市民体育館でのスポーツイベント

・株式会社 岩井建設 学習支援のための場所の提供、リフォーム

・若草印刷 法人のイベント等のちらしの印刷

・まるいち 月1無料学習会の後のただ塾で使用するスペースの提供

第3部 パネルディスカッション 県内の協働の実態について考えるImg_3673

左から 小竹裕人 氏  みんなのおうえん団 尾形 穰 氏 靍田雄大 氏 

遠藤広樹 氏 玉村町住民活動サポートセンターぱる 事務長 竹内 猛 氏

第2部での発表をもとに、参加者の方々から事前に集めた質問を基本に意見交換が行われました。

企業とのつながりをつくるきっかけ、最初に企業から市民活動センターへのアプローチはどのように行ったたのか?など発表では語りつくせないエピソードが飛び交いました。

民間団体が資金を自主的に得て、活動継続していくことは永遠のテーマであるとも言えます。

そのためには企業や様々な主体との協力が不可欠です。

協力を要請するには団体の強みやPRポイントだけでなく、支援を必要とする部分を的確に把握し相手に伝えることも大切です。

発表団体の情報

spadeケアコム株式会社 https://www.carecom.jp/

1955年設立。本社は東京都調布市、群馬県玉村町に工場をおく。「ケアするされる心を形に」を理念に、ナースコールにおいては、国内病院61%のトップシェアを持つシステムメーカー。2022年、玉村町とお約束シート(包括連携協定)を締結する。

spade玉村町住民活動サポートセンターぱる https://www.kyoudou-tamamura.org/

2015年に設立。一般社団法人たまむら住民活動支援センターが運営する、住民活動に対する支援を目的とする公設民営の中間支援センター。地元企業と大学、センター登録団体等をつなぎ、地域活性化を推進している。

spadeNPO法人みんなのおうえん団 https://minnanoouendan.org/

2017年から、子どもの教育格差の解消、居場所や親同士の交流の場をつくるため富岡市内で活動を開始。小中学生と高校生向け無料学習会の開催、児童養護施設での学習支援を行っている。2022年NPO法人設立。

 

2023年11月 8日 (水)

第2回「動画作成セミナー」を開催しました

2023年10月6日(金)13時~16時30分
NPO・ボランティアサロンぐんまにて
第2回「動画作成セミナー」を開催いたしました。
作成した、活動・団体紹介動画の持ち寄り発表会です。

講師は、ZOBIエンタープライズ 庭山氏です。
NPO法人・任意団体 4団体4名が参加いたしました。

20231006_2

第1回に参加の団体が(その時のようすはこちらから→第1回「動画作成セミナー」

セミナー後に作成した動画を持ち寄り上映、
どんなことを工夫したか等の説明後に参加者やセミナー講師より感想の発表、
講師より、もっとよくするためのアドバイスがありました。

参加者の持ち寄った動画は、さまざまなアプリ機能を駆使し、
音楽や字幕をつけ、工夫された出来上がりになっていました。
子どもたちの表情や動きは、それだけでもインパクト十分です。
いきいきとした姿は特に印象に残りました。

20231006__2

YouTubeショートは縦画面で編集しますが、
字幕をつける場合、目線が上から下に移動するため、
やはり動画の下につける方が効果的で、20文字で3秒程度が目安となります。
アプリではナレーションをつけることも可能なので、
字幕だけでなく音声としても加えることでわかりやすくなります。

また、最近では動画を見ている人が体験しているかのような、
臨場感あふれる自分目線の動画が人気です。
「POV視点(point of view・一人称視点)」
登場人物が見る世界を視聴者が疑似体験でき、
まるで現場にいるような臨場感あふれる演出効果です。
スマホやカメラを身体に固定する製品も豊富にありますので、
取り入れてみるのも良いですね。


NPO・ボランティアサロンぐんまでは、
団体活動に役立つセミナーを開催しています。

受付中のセミナーはこちらから
https://nposalon.kazelog.jp/npo/seminer.html

  

2023年11月 6日 (月)

群馬県官民共創ポリシープロジェクト

官民連携による社会課題解決を加速するための寄付基金
 
株式会社PoliPoliの運営する「Policy Fund」は政策を軸にした、企業等からの寄付基金です。
 
対象となる事業
・群馬県をフィールドとして実証実験を行い、社会課題の解決に向けた向けた取組の実現を目指す事業。
・「新・群馬県総合計画」に共感し、関連した社会課題の解決を目指す事業。

cloverプロジェクトについて

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000102.000032735.html

clover群馬県官民共創ポリシープロジェクト募集要項

https://policy.fund/pdwNAAKy/20231102_2#fund

clover記者会見の記事

知事のページ - 群馬県ホームページ(メディアプロモーション課) (pref.gunma.jp)

clover群馬県戦略企画課のページ

https://www.pref.gunma.jp/page/615674.html

2023年11月 2日 (木)

COSMOエコ基金

COSMOエコ基金の公募が開始しています!

◆助成期間:2024年4月~2025年3月

◆公募期間:2023年10月30日~2023年12月10日

画像をクリックしてみてください!

またCOSMOエコ基金の公募案内はこちらからも!

20231102_145158_0001

 

20231102_145158_0002

~~~~~~~~~

COSMOエコ基金を詳しく知りたい方は、こちら

~~~~~~~~~

2023年11月 1日 (水)

休館日のお知らせです

いつもNPO・ボランティアサロンぐんまをご利用いただき、ありがとうございます。

11月3,4,5日は休館日となっております。

詳細は画像をご覧ください。

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

11