フォトアルバム

サロン業務のご案内

  • ボランティア募集・ボランティア活動希望・NPO相談・イベント情報などサロンの日常をお伝えしていきます。 群馬NPO協議会は群馬県よりNPO・ボランティアサロンぐんまの運営を委託されています。

開館時間のご案内

  • 開館時間 平日10:00~19:00、土・日曜日10:00~17:00、火曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。
  • 荒天時(特別警報発令時、大雪等の場合)には休館となる場合があります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

NPO・ボランティアサロンぐんま

  • 〒371-8570 群馬県前橋市大手町1-1-1 県庁昭和庁舎1階 TEL:027-243-5118 FAX:027-210-6217

« 特定非営利活動法人 ノア | メイン | 特定非営利活動法人 群馬ダルク »

2013年9月12日 (木)

布ぞうり組

 

footー 布ぞうりリハビリ布ぞうり foot

 代表の 吉田 わこさんにお話しを伺いました。

017  ・ 実業団バレーボールをされていた頃、自分の

    足に合った靴を見つけるのが難しく、合わない

    靴に足を入れる弊害として外反母趾となった

    経験を生かし、足の健康を考えるようになった

    のが、布ぞうりを作るキッカケだそうです。

 

016・ 色トリドリの布を材料として作られる布ぞうりは、ゴミとして

  捨てられる布を活用・足の健康・仲間作りとして7年前から

  始められ、試行錯誤の末、リハビリ布ぞうり(足半・アシナカ)

  が完成しました。右の写真上(半分の大きさのぞうり)

  足の悩みの有る方は是非試してみて下さい。

 

 

024 

 

・ 鼻緒に指を居れると親指他がrockするように、握る形をとり

   後ろは土踏まずまで、踵を着くと足の裏が伸びる感じで

   立つと背筋も伸びる感じを味わえます。

 

・ この手法を取り入れて、ぐんまちゃんの顔を巨大布ぞうりとして新町ボランティアの

  皆さんと協力して、今年7月に作り上げました。(許諾番号25-190390)

  色合いを出すのに苦労されたそうです。                 詳細はこちら

※ 吉田さんに布ぞうりを指導した、岐阜県恵那市串原の考案者 中村さんとは今も

   ぐんまちゃん作製の指導頂く・交通費恵那市負担で『布ぞうり組と恵那市の地域

    交流バスツアーと続いています。 夢は、まだまだ続きそうです。   (鈴木)    

  

   

   

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/234770/31834871

布ぞうり組を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。