フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« 2015年度年賀寄付金配分団体の公募 | メイン | ぐんま県民マラソンによる交通規制のお知らせ »

2014年10月15日 (水)

小規模NPO法人一歩前へ運営セミナー 「団体の運営を分析する」

2014年10月8日、伊勢崎市絣の郷円形交流館にて、団体の運営を分析するという

セミナー&ワークショップが行われました。

講師は、NPO法人ぐんま知的資産経営ファームの小山範之さんです。

同法人は行政書士、中小企業診断士等の専門家集団で、中小企業やNPOの支援を行っています。

当日は伊勢崎市内のNPO法人が3団体、藤岡市、安中市から各1団体ずつ、計5団体の

参加でした。

Img_0909

Img_0903

NPOはお金にならない価値を提供している。魚より魚の釣り方を・・・が大事。

NPOは強みを再発見して、何が成果なのかを理解し、成果を継続的にあげていくために

再発見した強みを戦略的に活用していくことが大事。

ワーク① 登山に必要なもの

 自団体のWhy(設立趣旨書),How(活動),What(定款3条の目的)は?

ワーク② 5枚の花びら

 見えづらいものを見つける方法として、一番時間をかけたもの、専門性のあるもの、

一番つながりのあるもの、一番費用をかけたもの、習慣の中に強みがある。

ワーク③ 面白ストーリー体感

 自分たちの団体の内部の強み(S)は何か、弱点・弱みは何か(W)、外部の

強みは何か(O)、環境の障壁・障害は何か(T)というSWOT分析

強みは人的資産(人)、組織資産(仕組み)、関係資産(つながり)で分類してみます。

 次に、価値創造ストーリーを考えます。理念を一番左に、業績を右に、

理念を実現するためにどのような取り組みをしてきたか、どんな強みがあるかなどを

記入します。最後に自分たちの活動をどんな想いで実現し、そのためにどんな取り組み

を行い、どんな機会にどういうことを提供するのかという、一つのストーリーに文章化します。

ワーク④ お小遣いをもらうぞ!作戦開始

 透明成果という見えにくいものでも大事なもの、それを見える化します。

ワーク⑤ 最後にキャラクター性格診断

 強みを9種類の項目でチェックしてみます。

細かく分析するには時間が足りなかったですが、分析の仕方を持ち帰ってもらいたいという

ことでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/234770/32848531

小規模NPO法人一歩前へ運営セミナー 「団体の運営を分析する」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。