フォトアルバム

土曜日開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より土曜日の開館時間は10:00~15:00に変更となります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月25日 (火)

2013年度「JT NPO助成事業」

JT(日本たばこ産業株式会社)による、助成金のお知らせです。

fullmoon内容 

 「地域コミュニティの再生と活性化」をテーマとし、特定非営利活動法人(NPO法人)をはじめとした非営利法人が、2013年度(2013年4月1日~2014年3月31日)に実施を計画している事業

 活動分野は不問ですが、環境美化や環境保全、次世代の人材育成に関する活動を推奨

 東日本大震災被災地支援については、2012年度に比べ応募資格を緩和して、引き続き数件程度の助成を優先的に行う

fullmoon募集期間

 2012年10月1日~11月20日

fullmoon助成対象費

 事業費および人件費

fullmoon助成限度額および助成件数

 1件あたり年間最高150万円まで、40件程度(東日本大震災被災地支援助成    

 を含む)

fullmoon助成期間

 基本は1年、数件程度継続助成を行う場合あり

fullmoon決定時期および方法

 2013年3月、社外有識者を中心に構成する「NPO助成プログラム推進委員会」の審査を経て決定

fullmoon募集要項および応募書式

 JTのホームページよりダウンロード、もしくは郵送による取り寄せ

 URL:http://www.jti.co.jp/csr/contribution/social/npo/index.html

fullmoon応募方法

 応募書式および添付書類を事務局宛てに郵送(11月20日必着)

fullmoon事務局

 〒105-8422 東京都港区虎ノ門2-2-1

 日本たばこ産業株式会社 CSR推進部 社会貢献室

 TEL:03-5572-4290  FAX:03-5572-1443

2012年9月24日 (月)

損保ジャパン環境保全プロジェクト助成

fullmoon募集内容 環境問題に取り組む市民社会組織の環境保全プロジェクトが、より充実したものと  

 なるよう資金助成を行う。。

fullmoon助成金額 1件20万円、総額200万円

fullmoon対象 2年以上の環境保全活動実績があり、適正な報告が可能な団体

fullmoon対象活動 自然保護・環境教育・リサイクル等の分野での実践的活動

fullmoon応募締切 2012年10月31日(水)

fullmoon問い合わせ

 公益財団法人 損保ジャパン環境財団

 詳しくは http://www.sjef.org/project/index.html

2012年9月20日 (木)

全国一斉 法務局休日相談所

11e4391a_2
サロンからのお知らせです。

9月23日(日)、法務局が休日相談所を開設します。前橋の開設場所は、

前橋元気プラザ21 ほか1か所

開設時間 10:00~15:00

問い合わせ先 前橋地方法務局総務課

          027-221-4463

2012年9月17日 (月)

理事の代表権喪失の変更登記

特定非営利活動促進法の改正に伴い、平成24年4月1日から、NPO法人の代表権に関する登記事項が変更になりました。

現在登記されている理事について、変更の登記が必要となる場合がありますので、もう一度定款をチェックしてみましょう。

なお、変更登記の期日は10月1日(月)までとなります。

詳しくは、内閣府のホームページをご覧下さい。http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00067.html

F8b4e631

平成25年度年賀寄付金配分助成

サロンから、助成金情報です。

fullmoon支援元
 郵便事業株式会社

fullmoon応募地域
 全国

fullmoon応募資格
申請可能団体は、下に掲げる法人であって、申請時直近の決算時において法人登記後1年以上が経過し、かつ、過去1 年間を期間とする年度決算書が確定している法人とする。
※一般枠 :
社会福祉法人、更生保護法人、特例社団法人、特例財団法人、公益社団法人、公益財団法人及び特定非営利活動法人(NPO法人)
※特別枠 :
営利を目的としない法人(具体的には、一般枠申請可能団体に加え、一般社団法人、一般財団法人、生協法人、学校法人等)

fullmoon支援対象
申請可能事業は、お年玉付郵便葉書等に関する法律に規定された10 の事業のいずれかに該当し、かつ、申請法人の定款又は寄付行為に基づいて行う事業とする。
また、日本国内で実施される事業を対象とし、海外で実施される事業は除く。
なお、海外活動を行う団体が国内で行う啓発事業等は、国内で行われる事業として対象とする。

※ お年玉付郵便葉書等に関する法律5条2項に規定された10 の事業
  ①社会福祉の増進を目的とする事業
  ②風水害、震災等非常災害による被災者の救助又はこれらの災害の予防を行う事業
  ③がん、結核、小児まひその他特殊な疾病の学術的研究、治療又は予防を行う事業
  ④原子爆弾の被爆者に対する治療その他の援助を行う事業
  ⑤交通事故の発生若しくは水難に際しての人命の応急的な救助又は交通事故の発生若しくは水難の防止を行う事業
  ⑥文化財の保護を行う事業
  ⑦青少年の健全な育成のための社会教育を行う事業
  ⑧健康の保持増進を図るためにするスポーツの振興のための事業
  ⑨開発途上にある海外の地域からの留学生又は研修生の援護を行う事業
  ⑩地球環境の保全(本邦と本邦以外の地 域にまたがって広範かつ大規模に生ずる環境の変化に係る環境の保全をいう。)を図るために行う事業

fullmoon支援金額
申請可能額
※一般枠従来の助成分野
  - 活動・一般プログラム   ~500 万円まで
  - 活動・チャレンジプログラム  ~50 万円まで
  - 施設改修~500 万円まで
  - 機器購入~500 万円まで
  - 車両購入~500 万円まで
※特別枠
 東日本大震災の被災者救助・予防(復興)
  (活動・施設・機器・車両の区分なし)~500 万円まで

fullmoon申込受付期間
 2012年10月1日(月)~11月30日(金)

●備考
詳しくは下記リンク先をご覧ください
http://blog.post.japanpost.jp/csr/2012/08/12083125.html

2012年9月10日 (月)

地域連携セミナー2012 北毛編報告「デジカメで簡単CMづくり」

9月10日(月)沼田市保健福祉センター2階会議室にて
NPO法人・ボランティア団体のための
「デジカメで簡単CMづくり」講座を実施しましたので報告します。
講師は、市民ITサポーターの皆さんで、本日は中田さんが中心になって
実施してくれました。
参加者:5団体8人

写真は講師の中田さんと進行役のサロンの伊藤です。

Img_8459

本日は、参加いただきました皆様に1分間の団体・自己紹介をしていた
いている様子です。

Img_8447

講義の様子と指導の様子です。

Img_8491 Img_8470 Img_8472 Img_8474 Img_8483 Img_8489

講座実施に当たり、
沼田市市民活動センター「ホットステーション ぬまたん家」の
皆様にお世話になりました。御礼

(講座概要)
団体の活動をわかりやすくアピールし、会員、会費、ボランティア、
寄付の獲得につなげるためのCMづくりです。
作成したCMは、団体のブログやサロンブログにアップするほか、
イベントなどで団体紹介として活用。
具体的には、デジカメで撮影した静止画・動画を、操作が簡単な
ソフトで編集し、動画投稿サイトを活用してブログにアップです。

なお、9月20日(木)18時~NPO・ボランティアサロンにて
「デジカメで簡単CMづくり」を実施しますので、申し込みを
お待ちしています。(栗原)

2012年9月 7日 (金)

タオル帽子をお渡ししました(西群馬病院)

9月7日(金)に、西群馬病院 医療福祉相談室の尾形室長へ
タオル帽子100個をお届けしました。
今回もNPO法人じゃんけんぽんの皆様が、大量に製作してくれ
ましたので、サロンの製作品と一緒にお届けです。
①じゃんけんぽんの皆様の製作品:80個
②サロンボランティアの製作品  :20個
NPO・ボランティアサロンとしては、当病院へは3度目のお届けです。
最初に作成の経過や取り組みについてご説明し、病院の皆さんに
触れていただき、着用していただき、使い勝手を知っていただきました
今回はお渡しするところをNHKの取材を受けました。                                     9月11日(火)18時40分からの「ほっとぐんま640」で
放送される予定です。                 
Img_8399 Img_8359 Img_8369 Img_8373_3 Img_8356 Img_8382

じゃんけんぽんの皆様の中には、当病院でお世話になったことのある
方がいらっしゃり、お世話になった時のことをお話しされ、感謝の
気持ちを持ちながら製作されたなど、皆様の気持ちがこもっています。

製作ボランティアの募集と合わせ、カラフルで肌触りの良い
タオルを寄付していただける方、いらっしゃいましたら
サロンへお届け願います。持参前にサロンでカゴに入れ飾ったところです。

Img_8291

お渡し累計380個です。 (栗原)

2012年9月 6日 (木)

市民力養成講座2012 NGOから学ぶ資金調達術報告

平成24年9月3日(月)県庁昭和庁舎35会議室にて
海外NGOの事務局長を務め、現在は一般社団法人アクト・
ビヨンド・トラスト理事長の
星川 淳さん
から、NGOの経験を民間団体の設立・運営にどのように生かして
いるのかお話しいただきました。
写真は講座の様子です。

Img_8268 Img_8278 Img_8271

写真は質疑の様子です。

Img_8279 Img_8285

講座概要
・動機=Motivation
  ・自分はなぜここにいるのか?
  ・自分は何のために生きてきたのか?
  ・いま、何が必要か?
 *:何ができるか
・NGOの資金調達(Fund Raising)は 信頼(trust)への信託
 (en-trust)獲得
  ・人間力(個人として)
  ・発信力(組織として)[受信力と対応]
  ・公正力(組織として)≒アカウンタビリティ
  ・実現力(組織として)
  ◎NGOへの寄付・資金提供は望ましい未来への自主納税
  ◎税金の使われ方が機能不全を起こしているとき、それを補完する
   民主社会のバイパス経路
  ◎寄付する側とされる側は対等の協働者
  ◎寄付する・される関係は、他の関係網の一部
・今後、NGOが調達可能な日本社会の“埋蔵金”
・自治とはGOVERNANCE
  ・人間社会の集団的意思決定/合意形成
   公正・公平、理解・納得
・NGOは第4権
  ・三権分立 + (メディア + NGO市民セクター)

写真は司会の伊藤です。

Img_8242

9月27日(木)13:00~NPO支援のための連続講座 第9回
市民メディア「みんなが情報発信者になる」を実施します。20120927.pdfをダウンロード
多くの皆様の参加をお待ちしています。(栗原)

2012年9月 4日 (火)

第16回 「群馬銀行環境財団賞」

 公益財団法人群馬銀行環境財団は、自然環境・生活環境の保全および調査研究を支援するため、第16回「群馬銀行環境財団賞」を募集します。優れた実践活動等を行っている団体・個人の方々を表彰し、助成金を贈呈します。

fullmoonテーマ

 ①自然環境や生態系を守るための身近な実践活動

 ②低炭素・循環型社会づくりに向けた身近な実践活動

fullmoon応募資格

 群馬県内の営利を目的とする事業活動を行わない法人・団体ならびに個人

fullmoon応募方法

 応募用紙に必要事項を記入の上、活動内容と写真・機関紙・研究報告等の資料をそえて財団事務局まで申し込み

fullmoon応募期限

 平成24年12月7日(金)

fullmoon選考方法および表彰の内容

 ①平成25年3月の公益社団法人群馬銀行環境財団理事会にて決定

 ②表彰式を開催し、助成金として10万円を贈呈

応募用紙は以下のホームページから

URL http://www.gunginkankyo.jp/

セブン-イレブン記念財団 2013年度公募助成

一般社団法人セブン-イレブン記念財団では、環境をテーマに活動している市民団体を対象に、公募助成を行います。

83f047b7_3

fullmoon助成対象期間 2013年3月1日~2014年2月末日

fullmoon応募受付期間 2012年12月1日~2013年1月31日 

  (1月31日当日消印有効)

※活動ピーク時の秋期受付から、活動が一段落する冬期受付に変更

fullmoon応募方法 専用申請書に必要事項を明記し、提出書類を添付の上、封書にて郵送

fullmoon助成の種類

①地球温暖化対策 ②活動助成 ③自立事業助成 ④広域連携促進助成 ⑤清掃助成 ⑥植花助成

助成の種類と2012年度との変更点があるので、注意して下さい。

  詳細について、パンフレット、専用申請書は下記のホームページよりダウンロードできます。

     URL  http://www.7midori.org