フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。
  • 荒天時(特別警報発令時、大雪等の場合)には休館となる場合があります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« 積水ハウスマッチングプログラム 助成団体の公募 | メイン | ベネッセこども基金 »

2019年11月25日 (月)

NPO・非営利団体向けプログラム salesforceセミナー

2019年11月22日㈮にNPO・ボランティアサロンぐんまにて

salesforceセミナーを開催しました。6団10名が参加しました。

Img_2130

講師にNPOサポートセンターの小堀悠氏を迎え、第1部、第2部と講演頂きました。

Img_2125

第1部

主にsalesforceの基本機能や、実際の活用事例などが紹介されました。

book salesforceとは...

組織を運営していくうえで発生する業務管理、イベント管理、寄付・会員管理など

ばらばらに存在するデータを一箇所にまとめて整理・紐づけして活用するためのプラットホーム

国内で1400の団体が使っており、事業規模、業界を問わず導入されている。

例:会員情報(会員期限、会費納入の有無)、イベントの申し込み状況、問い合わせの対応履歴、名刺情報などを登録し管理する。

book salesforce導入のポイント

①全員で使うこと

一部の人が使うだけでは、最新の情報をリアルタイムで全体で共有できない。また情報の更新が滞ったり、データ管理を行うスタッフに負担が集中してしまう。

②目的の明確化

何のために導入するのかを明確化し、組織によって中身をカスタマイズしていく必要がある。

名簿管理や寄付者・会員の分析などの先に、業務の効率化やプロジェクト・予算管理につなげられる体制づくりを視野に入れることも、よりsalesforceを活用できるポイントとなる。

第2部

実際にパソコンを使って手を動かし、salesforceの機能を体験しました。

Img_2139

まずは基本的な個人・団体の新規作成やメニューバーの編集、活動履歴の登録を行いました。

時間が経つにつれ、より実践的な内容に進み、

会員・寄付者の登録に加え、会費や寄付金の情報の紐づけ、領収書の作成、

キャンペーン(イベント)の作成、御礼メールの送信など

テキストを見ながら、処理方法を学んでいきました。

講師の小堀さんには、ひとつひとつのステップを丁寧に教えていただき、受講された皆さんに好評でした。

セミナー終盤では参加団体からの質問を受けつけ、

「実際に自団体の活動運営にsalesforceを導入するとしたら、どのように情報を紐づけて管理するのが望ましいか」

について、団体のもつ情報をホワイトボードに整理し、個別に悩みや相談にのる時間となりました。

講座全体を振り返り、それぞれの団体が今後の運営の展望を考え、現状の運営管理を見直すことのできる有意義なセミナーとなりました。

Img_2140

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/234770/34196378

NPO・非営利団体向けプログラム salesforceセミナーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。