フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。
  • 荒天時(特別警報発令時、大雪等の場合)には休館となる場合があります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« ホットステーションぬまたん家紹介 | メイン | NPO会計基準最終案のパブリックコメント受付中 »

2010年5月18日 (火)

新田環境みらいの会

5月15日土曜日10:00~14:00 新田環境みらいの会(基本情報)主催の

「太田市エコハウスと新田湧水群」の見学会が行われました。

P5150322

エコハウスモデル事業はは全国で58の自治体から応募があり、20の自治体が選定されました。

P5150316_3

今年3月に完成し、太陽のエネルギー等を上手に使っています。

屋根には太陽光パネルが設置され、年間約6300kwhが発電されます。

養蚕農家にみられる越屋根をエコハウスに生かし、 自然光を取り入れ、室内を明るく保ち、電灯を使わない生活や、窓から涼しい風を取込み、越屋根から熱い空気を排出したり、

越屋根に集まる暖気とソーラーパネル下の暖気を回収して半地下へ送り込み、なるべく冷房や暖房を使わないように設計されました。

P5150325_2

半地下は素焼煉瓦約3トンが高さ140㎝に積まれ、 夏は地面近くの空気を取り入れ煉瓦に湿気を吸収させ、爽やかな風を室内に送り込んでもいます。

P5150324_2

新田湧水群は大間々扇状地の先端付近に集中し、かつては100を超す湧水がありましたが、現在は20数か所が残っています。畑や住宅の庭などからも地下水が湧き出しており、水温は年間等して一定で、貴重な灌漑用水として利用されてきました。

屋敷のまわりを2重の堀と土塁で囲んだ環濠屋敷跡は保存状態もよく、貴重な歴史的遺産です。

P5150330 P5150331

湧水の中には水量が豊富で、水中の砂を吹き上げる自噴現象が見られます。

中には一級河川の基点となっている湧水地もあります。河川の基点は通常は山の清水が多い中、平地の基点は珍しいです。

P5150337

このような太田の湧水群は財団法人日本自然保護協会の「くらしと自然のつながり再発見!」という冊子で紹介されました

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/234770/24174104

新田環境みらいの会を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。