フォトアルバム

NPO・ボランティアサロンぐんま

  • 〒371-8570 群馬県前橋市大手町1-1-1 県庁昭和庁舎1階 TEL:027-243-5118 FAX:027-210-6217

サロン業務のご案内

  • ボランティア募集・ボランティア活動希望・NPO相談・イベント情報などサロンの日常をお伝えしていきます。 群馬NPO協議会は群馬県よりNPO・ボランティアサロンぐんまの運営を委託されています。

開館時間のご案内

  • 2023年4月1日 開館時間 平日10:00~19:00、土曜日10:00~17:00、日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。
  • 荒天時(特別警報発令時、大雪等の場合)には休館となる場合があります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« がん患者のためのタオル帽子寄贈 | メイン | 助成金で強化する »

2010年10月29日 (金)

エクセレントNPOとは?

県と群馬NPO協議会の協働により、10月23日(土)、市民力養成講座第2弾、田中弥生さん

と学ぶ「エクセレントNPOとは?」が行われました。

Dsc_6497

エクセレントNPOとは、望ましいNPOのことで、NPOの現状に危機感を抱いた研究者

や実践者が集まり、NPOが目指すべき姿を示すための評価基準をつくりました。

Dsc_6401 Dsc_6489_4

講師の田中弥生さんは、言論NPOの役員であり、エクセレントNPOの評価基準検討

委員会の主査をつとめています。今置かれているNPOの現状から、エクセレントNPO

基準をつくるに至った経緯や意義などについてお話しいただきました。

秋のイベント花盛りの土曜日でしたが、50名弱の参加者が熱心に耳を傾けました。

 ドラッカーの元で非営利組織論を学んだという田中さんは、留学中ドラッカーの

隣に住み、ドラッカーとのエピソードなども織り交ぜて楽しい話も披露。

Dsc_6391 Dsc_6425

アメリカやイギリスではエリートが非営利組織に入り、そこでのキャリアが大変高く評価され

るそうです。一方日本では、お金、人材、情報発信が相変わらず課題となっている。

2005年ごろから市民による市民のためのNPOであるはずが、なんかおかしくなり、これが

NPO?と思うようなNPOが増えてきた。その陰で、小さくても頑張っているNPOがある。

この頑張っているNPOをきちんと評価したい。そこで、望ましいNPOを定義し、それを

目指していこうとエクセレントNPO基準を作った。エクセレントNPOは「社会変革性」

「市民性」「組織安定性」の3つを基本条件としている。田中さんはとくに市民性を強調し、

ボランティアや寄付などで市民を取込むことが大事と言っています。また、今年中には、

自己診断ツールの初級編が発行されるそうです。

Dsc_6361_3 Dsc_6501_3      

                                        (湊)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/234770/25318793

エクセレントNPOとは?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。