フォトアルバム

土曜日開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より土曜日の開館時間は10:00~15:00に変更となります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月27日 (土)

「子育てと仕事の両立支援プロジェクト」助成活動

一般財団法人 生命保険協会が行う助成活動の募集です。

◎平成26年度「子育てと仕事の両立支援プロジェクト」(概要)

 1.プロジェクトの内容

 待機児童問題の解消に向け、保育所または放課後児童クラブの受け皿拡大・質の向上、および保育所利用者の多様なニーズに対応した特別保育事業を推進する上で必要な環境整備に対し助成する。

 

2.助成対象と助成金額

            助成対象

       助成金額

(1)保育所設置に係る初期費用[※1]

  

1施設当たり上限額500万円

(助成金総額  最大1,000万円)

(2)特別保育事業[※2]の実施に必要な設備

の整備、備品の購入等に係る費用[※3]

1施設当たり上限額50万円

(助成金総額  最大1,000万円)

(3)放課後児童クラブの受け皿拡大や質の向上に

   必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用  

                  [※4]

1施設当たり上限額25万円

(助成金総額  最大1,000万円)

[※1]建築・設備工事費 等

[※2]特別保育事業とは、①休日・夜間保育  ②病児・病後児保育 ③延長保育 ④一時預かり保育等、通常の保育に加え、保育所利用者の多様なニーズに対応した環境整備を行う事業。なお、認可外保育施設が行う同様の事業も対象とします。

[※3]空調機・机・椅子・整理棚、寝具、乳幼児ベッド・物置等の設備の充実、大型・小型遊具および玩具、楽器、絵本や学習教材等

[※4]空調機・机・椅子・整理棚・物置等の設備の充実、大型・小型遊具、楽器、本や学習教材等

 

3.応募資格

助成対象:(1)保育所設置に係る初期費用

「認可外保育施設指導監督基準」に基づき保育所の運営を行う社会福祉法人、株式会社等の法人格を有する事業者(平成27年7月1日までの開園を条件とする)

※ただし、保育所設置に関して、国・地方公共団体及び他の公的機関等から既に助成の対象となっている場合は対象外

助成対象:(2)特別保育事業の実施に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用

 ・認可保育所の運営を行っている社会福祉法人、株式会社等の法人格を有する事業者

 ・「認可外保育施設指導監督基準」に基づき保育所の運営を行っている社会福祉法人、株

   式会社等の法人格を有する事業者

  ※ただし、特別保育事業の実施にあたり、国・地方公共団体及び他の公的機関等から既  に助成の対象となっている設備・備品は、対象外

助成対象:(3)放課後児童クラブの受け皿拡大や質の向上に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用

 「放課後児童健全育成事業実施要綱」に基づき放課後児童クラブの運営を行っている社会 福祉法人、特定非営利活動法人、株式会社等の法人格を有する事業者(要綱に基づき、  地方公共団体から事業受託し、行政からの補助を得ている事業者)

 

4.応募方法

○公募方式(所定の「助成申請書」に必要事項を記入・捺印し、正本1部・副本(コピー)1部を

必須添付書類と一緒に、当会へ郵便(簡易書留)にて送付)

 

5.募集期間

 ○平成26年9月19日(金)~10月31日(金)<当日消印有効>

 

6.助成対象法人の選考方法 

 ○学識経験者等(3名)で構成する選考審査会が、事業計画や保育計画等の選考基準により選考

 

7.選考結果の発表

○選考結果は、平成27年1月上旬(予定)にすべての申請法人に対し直接書面にてお知らせする

とともに、当会ホームページにて公表

 

8.お問い合わせ先

〒100-0005 千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階

生命保険協会「子育てと仕事の両立支援プロジェクト」事務局

電話:03-3286-2643 FAX:03-3286-2730

URL:http://www.seiho.or.jp/

 

2014年9月13日 (土)

NPO法人日本動物愛護福祉協会

2014年9月13日 9:00からNPO法人日本動物愛護福祉協会(団体情報)のT.N.R運動を見学してきました。

TNR運動は殺処分される猫を減らすことが目的です。 

詳細はこちら 

T:Trap(トラップ): 捕獲すること

N: Neuter(ニューター): 不妊手術のこと

R:Return(リターン): 猫を元の場所に戻す

※手術した猫の耳先をカットし、不妊手術済みの猫を何度も捕獲することのないよう目印をつけます。

毎回20匹前後の猫が捕獲され、今回の5回目で101匹の猫に不妊手術が行われました。

101匹の猫の不妊手術により、80倍の8080匹の殺処分される不幸な子猫の誕生を抑制することになります。

Dsc_0744 

Dsc_0748

捕獲された猫は番号札で管理されます。

まず体重をはかり、性別を確認します。

沈静剤注射、麻酔注射、抗生剤注射が済むと枠にチェックを記入します。

麻酔がきいた猫にゴムで番号札をつけ、手術します。

メスは掃除機とバリカンで毛を剃り、消毒後、開腹手術します。30分強の時間が必要です。

オスは10分程度の簡単な手術です。

P9100080

P9100081

Dsc_0742

Dsc_0743

Dsc_0746

手術が終わると呼吸の状態に注意しながら、麻酔から覚めるのを待ち、猫を元の場所にもどします。

ボランティアスタッフが捕獲、体重測定、性別確認、毛刈り、術後観察、元の場所に戻すという不妊手術以外の作業に協力しています。

この活動は、猫を持ち込む人、活動支援者、会員、からの寄付や協力金により支えられています。

2014年9月 9日 (火)

赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」(ボラサポ)

東日本大震災の復興支援活動をされている団体を対象に、赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」(ボラサポ)15 次助成の応募が開始しました。


fullmoon受付期間:9月5日(金)~9月19日(金)※当日必着
 
fullmoon応募方法:中央募金会のホームページにあるボラサポ用のフォームから入力
fullmoon助成対象団体:被災地をはじめ全国で、東日本大震災で被災された方々への救援・支援  活動を行うボランティアグループ、NPO法人、社会福祉法人、学校法人、公益法人で、要項 にある要件にあてはまる非営利
fullmoon助成金額:短期(30日未満)50万円以内 中期(30日以上)300万円以内
fullmoon助成対象期間:2014年8月10日~2015年9月30日
fullmoon団体助成決定:2014年12月下旬(予定)

詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。

fullmoon応募要項 (PDFデータです)
http://goo.gl/EYz9IG

fullmoon応募の手引き (PDFデータです)
http://goo.gl/bKGTdz

fullmoonホームページからの応募、応募書のダウンロード
http://goo.gl/R1d3BQ

fullmoon必須書類・応募書作成Q&A(PDFデータです)
http://goo.gl/ZLFBpA

fullmoonホームページで応募するときのよくある質問 (PDFデータです)
http://goo.gl/pViCfl

fullmoon第14回助成決定にあたって(第15回の助成方針含む) (PDFデータです)
http://goo.gl/gZM2aG
spade Facebookページ

2014年9月 6日 (土)

助成金情報 コープぐんま

one目的

ビジョン2025「“組合員のくらし”と“地域”のニーズを協同の力で実現」に関わる社会を創っていくために、コープぐんまができる社会貢献の一つの形態として、コープぐんまの事業から得られた収益の一部を寄付することにより、団体の活動をバックアップし、ひいては組合員のより良いくらしづくりの一助とします。

two募集期間

   9月1日(月)~10月17日(金)

three寄付金額

 ①1団体につき5万円をお渡しします。

 ②最大6団体へ寄付を行います。

four応募資格

  以下の応募資格を満たす団体を対象とします。

①公益を目的とした市民団体で群馬県内に活動拠点があり、すでに活動している団体で、組織の代表者・所在地が定まっている団体。

②法人格の有無は問わない。ただし、政治・宗教活動を目的としているものや営利を目的とする事業・活動は対象としない。

③昨年度に「コープぐんま 環境団体と福祉団体への寄付」を受けておらず、また過去に2回以上の寄付を受けていない団体。

④事業・活動終了後、活動報告書の提出ができる。

⑤対象分野は、「食・食育」「消費者の権利」「福祉、健康」「子ども・子育て、次世代支援」「教育、文化、スポーツ」「環境保全」「人権、平和、国際協力・交流」「防犯・防災、災害支援」を募集する。

five応募方法

 ①応募用紙 → こちら20140906coopgunma.docをダウンロード

   別紙、応募用紙に必要事項を記入ください。また、貴団体の活動について紹介ができる広報誌・パンフレット等がございましたら、同封をお願いします。

six問い合わせ、応募先

   〒376-8523 桐生市相生町1-111

   生活協同組合コープぐんま 総合企画室 参加とネットワーク推進課

   TEL:0277-52-9628 FAX:0277-54-1270

   e-mail:gunma_kumikatsu@coopnet.or.jp

club選考

(1)コープぐんま11月理事会で決定します。

(2)選考基準として「地域や市民への貢献度」「資金調達と経費の妥当性」「先駆性・独自性」「継続性」「透明性」の観点で行います。全ての項目を満たしている、または十分に評価できる項目があることを選考基準とします。

club寄付

(1)理事会決定を11月末までに通知します。2月に選出団体への寄付贈呈式と交流会を開催し、その場で寄付金を現金でお渡しします。

(2)寄付金は2015年3月21日~2016年3月20日までの間に活用をお願いします。

20140904coopgunma

2014年9月 4日 (木)

税理士による個別相談(沼田)

平成26年9月2日 10:00から 1団体1名 14:00から1団体2名の個別相談を行いました。

関東信越税理士会群馬県支部連合会の沼田支部の小暮正人税理士、林武一郎税理士がご支援して下さいました。

Img_1925

Img_1927_2

Img_1930_2

Img_1931

相談内容は

初めて人を雇用するときに必要な手続き、

源泉徴収税の預かり方、納付の仕方、年末調整について

給与支払いの時に派生する仕訳の仕方

不定期に働いてもらう人の日当の扱い方

銀行通帳の整理について

手持ち現金の管理の仕方

経費支払いの団体規則の必要性

税理士の依頼の仕方

会計ソフト導入の仕方 

初期設定、毎月の決まった仕訳をセットしてもらえれば導入しやすい

NPO法人会計基準の様式は整っていましたが、注記の添付がありませんでした。

注記として

会計の方針 事業別損益の状況、使途の制約のある補助金等 借入 役員との取引

などの書き方を説明しました。