フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月29日 (木)

2014年度JT NPO助成事業 助成金交付式および活動成果発表会

2014年5月28日 10:30より JT高崎支店ビルにおいて

2014年度JT NPO助成事業 助成金交付式および活動成果発表会がありました。

全国で251団体からの応募があり、45団体に5950万円の助成金が交付されました。

1999年より16年目となり総額973団体に11億9000万円の助成金が交付されています。

2014年度助成金の交付はNPO法人Jコミュニケーションさんが継続助成となりました。

10330413_647837895289875_3298557784IT高崎西原支店長 と NPO法人Jコミュニケーション 高橋理事長

2013年度助成先NPOであるJコミュニケーションさんから活動成果発表会がありました。

日本語と教科学習に困難を抱えている外国籍の子どもを支援する未来塾

毎週土曜日午前9時30分から2時間伊勢崎で開催しています。

未来塾では子供達の多様性に配慮し、1:1の支援を行っています。

またどの言語でも日本語で日本語を教える直説法をとっています。

また伊勢崎市の小学校の日本語教室で10月~3月まで、日本語ボランティアとして日本語の初期指導を行いました。

仲間作りや地域との共生のための特別活動として地域の行政機関や大学などの協力で、

支援者養成講座や交流会、コンサートなどを実施しました。

この活動は近隣大学との連携、高崎地域へと発展してきています。

次年度もこの未来塾が継続される予定です。

10354830_729421247101843_6736836260

長野県県民文化部県民協働課 課長補佐兼協働・NPO係長

群馬県多文化共生推進課 課長 と係長

社会福祉法人 群馬県社会福祉協議会 

NPO・ボランティアサロンぐんま コーディネーター

も参加し、助成金の交付のお祝いと情報交換も行われました。

長野県からの情報提供では、

club長野県みらい基金について

信州宝歌というCDが寄付付き商品として発売されていること

diamond群馬県社会福祉協議会からは社協ボランティアセンター 協働事業・実践ハンドブックが紹介されました。

spade群馬県からは県内NPO法人数 認定NPO法人制度、NPO活動支援資金について

heartNPO・ボランティアサロンぐんまからは県内NPO法人決算書調査結果と今後のNPO支援セミナー

この様子は当日20時からの群馬テレビニュースで放映されたほか、上毛新聞でも掲載される予定です。

2014年5月26日 (月)

つかいみちを選べる赤い羽根募金 エントリー団体募集開始

「つかいみちを選べる赤い羽根募金」のエントリー団体を募集しています。

申請〆切は7月4日(金)必着です。

詳しくは、HPをご確認ください。

H25年度の助成金授与式が5月23日行われました。

20140523

ぐんま暮らし応援会

NPO法人群馬ダルク

NPO法人児童自立援助ホーム ぐんま風の家

NPO法人手をさしのべて

NPO法人わんだふる

に助成金が授与されました。

詳細

2014年5月22日 (木)

NPO法人会計基準&助成金セミナー

NPO法は平成23年6月15日に「特定非営利活動促進法の一部を改正する法律」(平成23年法律第70号)が成立し、 平成24年4月1日に施行されました。

改正には会計の明確化として NPO法人が作成すべき計算書類のうち、「収支計算書」が「活動計算書」(活動に係る事業の実績を表示するもの)に変更されました。

活動計算書は収支計算書と様式が異なっています。 また財務諸表を補足する書類として注記の添付が必要です。

 説明会では活動計算書の様式の説明と 活動計算書に変更できているかをチェックする、新たに作成されたチェックシートを使って具体的にNPO法人会計基準について理解を深めていただく説明を予定しています。

その後群馬県共同募金会が新たにとりくんでいる募金についての説明もございます。

申込書 20140531.docxをダウンロード

Tirasi_omote

Tirashi_ura

2014年5月14日 (水)

伴奏型個別支援 第2回打ち合わせ

2014年5月9日(木)、伴走型個別支援の第2回打ち合わせを行いました。

今回は理事として就任予定のメンバーとともに、法人正式名称や定款の内容検討を行いました。

Img_1319

正式名称については、法人の前身である任意団体「粕川フラワーロードの会」の名称の一部を使用する意見もありました。使いやすく、インパクトのある名称にするために次回まで検討が続きます。

法人の構成員である社員は、事務局機能や他団体との人脈作りなど実務を担当できる人材が必要です。
正会員と賛助会員の役割分担についても話し合いがあり、設立後の運営を考慮した体制が整えられつつあります。

定款には法人の運営体制・方針が反映されるので、社員の定義、役員の人数、理事会及び総会の開催等について、
慎重に審議が重ねられました。

設立前の準備に時間をかけ、設立後の中長期的ヴィジョンを念頭に入れた計画を立てることが重要です。
サロンでの設立相談は短期間か初回のみのケースが多く、継続した支援の現場に立ち会い、様々な意見を交わすことはスタッフにとっても貴重なスキルアップの機会となっています。

flair次回打ち合わせは6月5日(木)の予定です。

2014年5月13日 (火)

プロボノWEB編 第9回打ち合わせ

2014年5月12日(月)、サロンにてプロボノWEB編の打ち合わせを行いました。

Img_1322

何も形のない9月の出発点から半年以上の時間をかけ、ようやくHPのおおまかなデザインが出来上がりました。
メンバー全員での打ち合わせはこれで最後になりますが、HPの完成に向けて今後もfacebookのグループ機能を利用した支援は継続していく予定です。

サロンにとっては2回目のプロボノWEB編プロジェクトとなりました。
毎回異なる分野に関わる人々と、長期にわたりどのようにプロジェクトを進めていくか、開始段階でのセッティングや進行のコーディネートなど、スタッフにとっても貴重なスキルアップの機会になりました。

budメンバーの感想

fullmoon終了は始まりです。HPやfacebookを見て今後も協力させていただきます。
fullmoon大変有意義な講座でした。今後の現場作業が不安でもあり、楽しみでもあります。
fullmoonとても勉強になりました。引き続き作業は続くので頑張りたいと思います。
fullmoon何も分からないところから、形となっていく過程で大変お世話になりありがたかった。
fullmoon実際にHPを見て意見交換ができ、今後のアウトラインが見えてきました。
fullmoon短い間でしたが、いろいろ勉強になりました。
fullmoon最終段階以前に、もう少しHPのデザインを見て検討する時間があってもよかったと思う。

新事業 伴走型個別支援

この事業はNPO法人の設立や運営に長期間伴走し、NPO法人の支援を行うとともに

支援しながら中間支援センタースタッフのスキルアップを目的としています。

粕川フラワーロードは7年前より、イベントで使う食器ゴミを減らすため、リユース食器の貸出しを行なってきました。

この度総会でリユース食器レンタル部門を独立させ、NPO法人化することとなりました。

NPO法人化とその後の運営(主に会計、情報発信、助成金申請など)のお手伝いを予定しています。

4月7日 第1回伴走型支援を行いました。

法人化に向けてのスケジュール、理事の役割と構成、事業計画、予算計画の立て方の打ち合わせを行いました。

次回は5月9日、設立趣旨、事業計画、予算計画、定款などを設立準備会とともに、決めていくことになります。

1485096_700128396697795_978524214_n

2014年5月10日 (土)

エコキャップ

これからの季節お茶や、ジュースを飲む機会が増えます。

そのキャップが2Kg(860個)でポリオワクチン1人分が購入できます。

誰でも手軽に出来るボランティア活動として収集ボランティアをしています。

今回は21袋になりました。pouch

サロンでの累計は602,480個。なんとワクチン738.6人分。present

そしてこのキャップを焼却すれば累計のCO2が4,652.9Kg。

Img_0874

アルファジャパンの方が回収に来てくださいました。run

Img_0879

Img_0882

子どもたちにも環境にもやさしい、ボランティア活動です。heart