フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

2018年8月16日 (木)

高齢者向け講師講演できる方募集!

20180816_140046_0001_2

2018年8月15日 (水)

NPO法人 はじめの一歩

前橋育英高校の近くで活動している『NPO法人 はじめの一歩』は引きこもりなどの就労・自立支援をしている団体です。

Image2_2

誰でも立ち寄ることができ、焼きそばを食べたりお茶を飲んだりすることが出来ます。

Image4

室内でゴルフレッスンも受けることができます。

引きこもり支援とゴルフは意外な組み合わせですが『何かをきっかけに社会と関わっていける様になったら』との思いから始めたそうです。

Image5_8

学校に関する相談を受けることもあるそうです。

とかく自分だけで抱え込みがちな悩みを聞いてくれる場所があるのは、子どもを持つ親としては大変心強いと感じました。

Image3_5

はじめの一歩 http://ippo.jp.net/

2018年8月14日 (火)

第14回 TOTO水環境基金 助成団体募集

20180814_141331_0003

20180814_141331_0004

2018年度 NPO基盤強化助成 認定NPO法人取得資金助成

20180814_142334_0001

20180814_141331_0005

2018年度 NPO基盤強化資金助成 組織および事業活動の強化資金助成

20180814_141331_0007

20180814_141331_0006_2

2018年8月10日 (金)

平成30年度 商店街活性化支援講座 B日程

2018年8月3日(金) 太田市役所2階セミナールームにおいて 群馬県商政課主催のセミナー「SNSを活用した効果的な情報発信」が引き続き行われました。


まちなかの活性化に取り組む団体が、Facebookの活用法を学んで情報発信力を付け、実践できるようになることがねらいです。

Img_1713_4

前半のA日程同様、講師・サポーターとしてサロンスタッフ及びサロンに登録している市民ITサポーター4名の方にご協力いただき、主に団体ページやイベントページの作成方法を学びました。

①後半B日程 15:15~16:50
 参加者 商店街関係、NPOなど計5団体5名が参加されました。
 

 内容は前半と同じです。

 clover個人、友達のタイムラインなど基本的な画面の構成
 
 clover友達申請の仕方
 
 clover団体用facebookページの作成、記事投稿
 
 cloverイベントの作成

 clover効果的なページの見せ方について など。

Img_1726

色々あるSNSのそれぞれの違いについても説明がありました。

Img_1734

実際にfacebookページにアクセスしたり、作成したりしました。

Img_1729

『ログインできない』『同じに表示されない』等々、アクシデントも多少発生することもあるFacebook講座ですが無事終了することができました。

2018年8月 9日 (木)

平成30年度 商店街活性化支援講座

2018年8月3日(金) 太田市役所2階セミナールームにおいて
群馬県商政課主催のセミナー「SNSを活用した効果的な情報発信」
が開催されました。
まちなかの活性化に取り組む団体が、Facebookの活用法を学んで
情報発信力を付け、実践できるようになることがねらいです。

Img_1716

NPO・ボランティアサロンぐんまではこの事業を支援、
テキストの編集、地域活性化に取り組んでいるNPO法人への周知を行いました。
また講師、サポーターとしてサロンに登録している市民ITサポーター4名の方にご協力いただきました。

①前半 13:30~15:05
 参加者 商店街関係、NPOなど計3団体
 
 講座では主に団体ページやイベントページの作成方法を学びました。

 clover個人、友達のタイムラインなど基本的な画面の構成
 
 clover友達申請の仕方
 
 clover団体用facebookページの作成、記事投稿
 
 cloverイベントの作成

 clover効果的なページの見せ方について など。

Img_1720Img_1722

 団体で複数事業を行っている場合は事業ごとにページを作成し、
 (例えばカフェ、居場所、学童クラブなど)
 イベントもページ毎に管理すると内容が整理できます。
 団体の中でページの投稿者を複数登録し、情報発信を分担することも
 ページを運営していくコツになります。

2018年8月 8日 (水)

スミセイコミュニティスポーツ推進助成プログラムのご案内

1.テーマ
コミュニティスポーツによる健やかなひとづくりと社会づくりにむけて
 
2.助成対象となるプロジェクト
 
【一般課題】
地域の中で一人ひとりの健やかな暮らしの実現につながる独自性のあるコミュニティスポーツの実践
 
【特定課題】
心身の障がいや長期療養などにより社会参加に困難を抱える人々を中心としたコミュニティスポーツの実践
 
 
*上記の「実践」には、新たなプログラムの開発、既存のプログラムの評価やプログラム
の普及・発展などのために、市民と研究者が協力して取り組む「実践研究」も含みます。
但し、学術目的の研究は含みません。
 
 
3.助成種別
 
【第1種助成】
特定の地域を拠点として独自のコミュニティスポーツに取り組むもの
【第2種助成】
地域や分野の異なる複数の団体が協力してチームをつくり、コミュニティスポーツの発展と普及に取り組むもの
 
 
4.助成内容
a.助成金額・助成件数 1件あたりの助成金額と助成件数は以下の通りです。
【第1種助成】
1件あたり 50万円以下  助成件数は14件程度
【第2種助成】
1件あたり 200万円以下 助成件数は4件程度
*今回の助成総額は、第1種助成、第2種助成を合せて1,400万円を予定します。
 
b.助成期間:2019年4月1日~2020年3月31日までの1年間
*毎年度の応募と選考を経て、継続して助成を行う場合があります。
 
5.応募受付期間:2018年9月10日(月)~10月10日(水)〔当日必着〕
 
6.応募方法
所定の応募用紙に必要事項を記入した「応募企画書」を、応募期間内に、下記の送付先に、
電子メール(PDF)、あるいは簡易書留・宅配便など配達記録の残る手段で送付ください。
 
応募要項・
応募用紙は、住友生命健康財団のホームページ http://www.skzaidan.or.jp/
よりダウンロードしてご利用下さい。

おおたIT市民ネットワーク

38454785_1903834356327187_499343401

太田市役所2階のセミナールーム手前にパソコンなんでも相談室があります。

NPO法人おおたIT市民ネットワークの会員さんが交代で相談にのっています。

20180808_113312_0001_3

パソコン講習会も太田市内の行政センターで開催しています。

インターネットとメール

Word、エクセル ※レベル別

デジカメ

パワーポイント

など多様な内容で実施されています。

20180808_113312_0002

2018年8月 6日 (月)

地域から孤立をなくそう

20180806_145012_0009

花王・みんなの森づくり 活動助成プログラム

20180806_144920_0002

20180806_144920_0001

森林ボランティア青年リーダー養成講座

20180806_144946_0005

20180806_144946_0006

自給自足の郷で棚田の稲刈り

20180806_144946_0003

20180806_144946_0004

2018年8月 4日 (土)

NPO法人 Sアカデミー

太田市で活動しているNPO法人Sアカデミーは

平成27年に設立しました。

中心街で学童クラブを運営しています。

夏休み期間だったので、子どもたちが工作を楽しんでいるところでした。

Kimg0271

Sアカデミーは少人数の学童クラブなので、個々の子どもに対応した

きめ細やかな対応を心がけています。

毎日の学習支援も行っています。

太田市では今、子どもたちが科学に興味や関心をもてるようサイエンスアカデミーを

開講しています。

Sアカデミーを運営している鈴木さんは、学童クラブでも将来サイエンスアカデミーのような

講座を開催したい、と語っていました。

新しい学びの場の提供に、子どもたちの未来の可能性を感じました。

NPO法人 クラッセ太田

2018年8月3日、太田市で活動しているNPO法人クラッセ太田を訪問しました。

クラッセ太田の法人設立は平成16年。

市街地にある「まちなか交流館くらっせ」の運営を通して、人々の交流拠点づくり、

市街地の活性化を目指しています。

Kimg0268

交流館では子どもと大人の英語教室

毎週土曜日に開催の土曜市(買い物弱者支援)

おもちゃの病院

高齢者向けの健康麻雀 他様々なイベントを開催しています。

Kimg0269_3

Kimg0266
理事長の吉田範彦さんによると太田でも少子高齢化が進み、街中を歩く人が少なくなってきた、とのこと。市街地活性化のため、活動を広げていきたいと語っていました。

「平成30年7月豪雨」緊急助成

Photo

2018年8月 2日 (木)

三井物産環境基金 2018年度募集

20180802_183437_0001

20180802_183504_0002