フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

2019年2月21日 (木)

NPO教育支援協会北関東 学習支援ボランティア募集

20190221_150032_0001

NPO法人いせさきNPO協議会 社会貢献ネット 学習支援ボランティア募集

20190221_150047_0002

NPO法人学習塾HOPE 学習支援ボランティア講師 募集

20190221_150105_0003

20190221_150105_0004

2019年2月20日 (水)

ドコモ市民活動団体助成事業

20190220_141143_0001

20190220_141143_0002

2019年2月15日 (金)

「緑の募金事業」による交付金助成(国外における森林整備・緑化活動)公募はじまりました

「緑の募金事業」による交付金助成(国外における森林整備・緑化活動)に関
する公募のご案内です。

 「緑の募金事業」では、ボランティア団体などによる国外における森林保全活
動や緑化活動を促進するため、それらの活動への助成を行っています。
 2019年度の公募事業が開始されましたので、お知らせします。

 公募期間:2019年2月15日~3月31日(当日消印有効)
 実施期間:2019年7月1日~2020年6月30日の間
 助成額: 300万円まで
 
 支援内容:
 (国際緑化推進センター案内) https://jifpro.or.jp/public_offering/2438/

 (緑の募金事業のウェブサイト) http://www.green.or.jp/bokin/volunteer/activity-support

 申請を希望される団体は、申請書および募集案内に記載された必要書類を3月
31日までに、下記宛てお送りください(当日消印有効)。
 また、併せて、「緑の募金公募事業応募申請書」のエクセルファイルをメール
にて送付してください。 

 応募先:公益財団法人 国際緑化推進センター 
 
 〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-12
 TEL: 03-5689-3450

希少生物種保護ボランティア育成勉強会

20190207_122153_0001

2019年2月14日 (木)

2019年度 パチンコ・パチスロ依存問題に取り組む団体・研究機関への助成

20190214_144150_0001

2019年2月 7日 (木)

貸借対照表の公告について

貸借対照表の公告についての県内836法人の実態調査をおこないました。(H31年1月末日現在)

32%の法人が定款を変更し、貸借対照表の公告をあらたに定款に定めていました

Photo

掲示板は105法人

団体のHPは92法人

内閣府ポータルサイトは62法人

官報は7法人

日刊新聞はゼロ

7割弱(68% 570法人 )の法人は定款変更を行っていませんでした。

2018年10月NPO法改正があり、貸借対照表も公告対象となりました。

現状の定款ですと、公告は官報に掲載して行うとなっている法人が多数です。

貸借対照表の官報掲載は毎年約7万円かかります。

定款の公告について定款変更し、貸借対照表の公告は、掲示板、内閣府ポータル、団体のHPで行うと、経費はかかりません。

参考資料

2019年2月 6日 (水)

NPO法人決算書調査を行いました。

NPO法人834法人の決算書調査を行いました。(平成31年1月末現在)

決算書提出状況は提出済み671法人で8割の法人が提出していました。

2割の法人は未提出でした。

Photo_2

収益規模について

収益ゼロの法人が10%から14%(55法人から92法人)に増加

1億円以上の法人は3%から4%(18法人から26法人)増加

1億円以上の法人は介護保険事業、放課後等デイサービスなど制度化された福祉事業系法人が多かった。

Photo_3

調査法人の収益額合計と寄付額合計

Photo_4

NPO法人会計基準導入率と年度別導入推移

9割弱の法人が収支計算書から活動計算書にかわりました。

Photo_6

会計基本項目の不備

所轄庁の事業報告書の受付体制がかわりました。

団体が提出したものは受理され、公開されています。

基本項目不備の法人増加が懸念されましたが、1割程度で変化はありませんでした。

Photo_7

注記の添付状況

Photo_9

事業費より管理費が大きい法人割合

作業所運営法人など比較的収益規模の大きい法人が、受益者の給与は事業費に、お世話をする職員の給与は管理費に区分する法人が見受けられました。

小規模法人は事業費をかけずに事業を実施する傾向。小規模法人の管理費は、均等割り、総会、理事会の会場代、印刷代経費で、事業費より大きくなっている。

Photo_4

会計基準準拠率と寄付額割合について

決算書に不備がない法人ほど寄付を受け付けている法人割合が高く、寄付額も高額である傾向がありました。

Photo_12