フォトアルバム

土曜日開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より土曜日の開館時間は10:00~15:00に変更となります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月26日 (木)

Panasonic NPOサポートファンド 2015年募集

typhoon助成テーマ

   「客観的な視点を取り入れた組織基盤の強化」

typhoon助成対象

   〇環境問題に取り組むNPO/NGO

   〇子どもたちの健やかな育ちを応援するNPO/NGO

   ・設立から3年以上であること

   ・日本国内に事務所があること

   ・有給常勤スタッフが1名以上いること

typhoon助成事業

   第三者の多様で客観的な視点を取り入れた組織基盤強化の一連の取り組みを

   最長3年まで応援します

typhoon助成事業期間

   2016年1月1日~12月31日

typhoon応募受付期間

   2015年7月16日(木)~7月31日(金)必着

typhoon4月6日(月)より下記パナソニックのホームページからダウンロードできます。

  http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf.html

Panasonic NPO

2015年3月25日 (水)

平成27年度 公益信託富士フィルム・グリーンファンド

富士フィルム・グリーンファンドは身近な自然を守るために地域に根付いた活動をしてきた方、あるいは環境保全の研究を実際に進めてきた方を対象に、助成を行います。

応募資格
  1. 活動助成を申請するものは、身近な自然の保全や自然とのふれあいを積極的に行っていること
  2. 研究助成を申請するものは、身近な自然環境の保全・活用の促進に関する具体的な研究や、ふれあいの場としての緑地の質的向上を目指した実証研究等を行っていること
対象となる活動・研究
  1. 営利を目的としない活動及び研究
  2. 活動及び研究が行われるフィールドは、日本国内である
  3. 活動助成の場合には、活動フィールドができる限り申請者(申請団体)によって既に確保されている等、活動フィールドの基盤がしっかりしているもの
  4. 研究助成の場合には、フィールドでの研究に対し地権者の許可もしくは協力関係が保たれているもの
  5. 個人もしくは団体申請において、活動及び研究の実績があるもの(ある程度実績があり、発展的な活動や研究を行うための申請であれば対象となる)
  6. 個人よる申請の場合、助成金の使途が助成の趣旨に沿って適格・厳正であり、助成金の使途において本人あるいは親族等、特別な関係のある者に利益を与えないもの
  7. 団体による申請の場合、代表者または管理者の定めのある団体で、役員その他の機関の構成、選任方法、その他事業の運営に重要な事項が特定の者、あるいは特別の関係者等の意志に従わずに、決定・運営されている団体。また、特定の者等に特別の利益を与えていない団体

助成金額と件数

  4件程度、総額850万円を予定

応募締切

  平成27年5月11日
助成金の支給   平成27年8月末を予定

budお問い合わせ

募集要項・申請書等は、助成基金名・住所・氏名を必ず記入して、ハガキまたはFAXで下記へご請求下さい。
なお、各基金は募集要項・申請書・助成実績をダウンロードすることもできます。

http://www.jwrc.or.jp/shintaku/1.htm

一般財団法人自然環境研究センター 信託基金事業部

〒130-8606 東京都墨田区江東橋3丁目3番7号
TEL:03-6659-6310(平日10時〜17時)  FAX:03-6659-6320

平成27年度 福島県ふるさとふくしま帰還支援事業補助金

県外の避難先における避難者のニーズに応じた支援活動を実施する避難者支援団体などに対し、

経費の一部を助成する「福島県ふるさとふくしま帰還支援事業補助金」平成27年度の

募集が始まります。 

fullmoon補助金額

1事業ごとの上限額は50万円とする

ただし、次の活動を行う場合には、100万円を上限とする。

(ア)避難者に対する戸別訪問

(イ)福島の現状を見てもらうツアー(借上バスによるもののみ)

fullmoon申請期限は平成27年4月17日(金)(郵送の場合は当日消印有効)

fullmoon募集要領や申請様式等については、下記よりダウンロードしてください。

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16055b/hinansyasiendantai.html

fullmoon問い合わせ先

福島県生活環境部避難者支援課

(平成27年4月1日以降から、福島県避難地域復興局避難者支援課)

〒960-8670 福島市杉妻町2番地16号

電話 024-523-4157

E-mail :hinanshashien@pref.hukushima.lg.jp

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16055b/

ランチタイム見に来んさーと(ミニコンサート) in サロン 2015

今年度の見に来んさーと、最終日の演奏会は、「音楽で巡る世界の旅」と題した

若い二人によるヴァイオリンとピアノのアンサンブル。

演奏者はヴァイオリン・小寺迪輝さん(群馬県在住)、ピアノ&フルート 小柳拓人さん(東京

在住)、司会とピアノ伴奏は小柳真由美さんです。

noteプログラムnote

シチリア―ノ・・・・・パラディス

鐘・・・・・・・・・・・・・ラフマニノフ

家路・・・・・・・・・・・ドヴォルザーク

G線上のアリア・・・バッハ

ツィゴイネルワイゼン・・・サラサーテ

荒城の月・・・・・・・滝廉太郎

アンコールに応えて  アメイジンググレース

小寺さんは洗足学園音楽大学の学生、小柳さんは会社員です。

二人とも発達障害というハンディキャップをお持ちですが、それをものともせず、

その素晴らしい演奏に会場が感動で溢れていました。早速演奏のオファーが

あったようです。

今後も二人の演奏活動を応援していきたいと思います。

Img_1897

Img_1895

Img_1903

Img_1907

cherryblossom今年度の見に来んさーとは本日で終わりです。

たまたま庁舎内でミニコンのアナウンスを聞き、ミニコンに来たという男性。

長野県で公民館館長をしているそうで、ミニコンを大変ほめてくれ、自分の所でも

こうした企画をやりたいと、いろいろ質問を受けました。

気軽に生の音楽を聴ける機会が増えたら嬉しいですね。

       ・  ・  ・

連続10回の演奏会が無事に終わって、一安心。

関わってくださった皆様に感謝です。ありがとうございましたheart

2015年3月19日 (木)

初めての決算セミナー開催します。

平成27年4月11日10時から初めての決算開催します。

今年度、初めて決算の時期を迎える団体、

担当交代した職員、

本年度よりNPO法人会計基準導入しようとしている法人

を対象としています。

セミナー内容は

one10:00~12:00

NPO法人の税務、

会員、支援者にわかりやすい事業報告書の書き方、

役員・監事の役割、

監査のポイントがわかるチェックリスト紹介

認定NPO法人

two13:00~14:20

助成する側からみた決算書のポイント

NPO法人会計基準 様式例、注意点

three14:30~16:30

希望者対象に簡単エクセル会計の実務研修

loveletter 申込は下記内容をメール又はFAXで 

申込書はmousikomisyo.docxをダウンロード

団体名

名前

参加希望枠   午前     午後    午後会計実務

住所 〒

連絡先 電話               FAX

昼食交流会   □参加する(   )名      □参加しない  

Tirasiomote

Tihashiura

2015年3月17日 (火)

ランチタイム見に来んさーと(ミニコンサート) in サロン 2015

第9週目の本日はソプラノ独唱です。

ソプラノは小林芙佐子さん、ピアノ伴奏は大谷知子さんです。

小林さんは音楽教師として在職中から、合唱の指導やソロ活動を続けています。

退職後も前橋一中の合唱部や各地の合唱団の指導・指揮をしています。

       noteプログラムnote

   いとしい女よ   ジョルダーニ作曲

   すみれ       スカルラッティ作曲

   五月に             フランケッティ作曲

   「六つの子どもの歌」   中田喜直作曲

   オペラ「ジャンニ・スキッキ」より ああ、いとしいお父様      プッチーニ作曲

最後に会場のみなさまと一緒に浜辺の歌を合唱しました。

お人柄を感じさせる、温かな透明感のある歌声が素敵でした。

7月5日(日)に、前橋市民文化会館でソロリサイタルを予定しています。

Img_1875_2

Img_1881

2015年3月16日 (月)

2015年度ニッセイ財団 高齢社会助成公募

ニッセイ財団では、「共に生きる地域コミュニティづくり」を基本テーマに、下記の通り 

 「地域チャレンジ活動助成」と「実践的研究助成」(「実践的課題研究助成」、 

 「若手実践的課題研究助成」)の募集を行っております。

bud募集の期間
  (1)「地域チャレンジ活動助成」は2015年3月9日(月)から5月31日(日)
  (2)「実践的課題研究助成」と「若手実践的課題研究助成」は
    2015年3月9日(月)から6月15日(月)

bud募集の概要 (詳細は募集要項をご覧ください) 

  I.地域福祉チャレンジ活動助成 II.実践的研究助成
(実践的課題研究・若手実践的課題研究)
助成内容 地域包括ケアシステムの展開に
つながる4つのテーマ」(表1)
のいずれかに該当する活動

「実践的研究助成対象分野・テーマ」
(表2)に対する課題を明確にした
実践的研究

助成期間 2015年10月から2年 2015年10月から
実践的課題研究:2年
若手実践的課題研究:1年
助成金 最大400万
(1年最大200万)
実践的課題研究:最大400万
(1年最大200万)
若手実践的課題研究:総額585万
(1件最大100万)
助成件数 2件 実践的課題研究:1件
若手実践的課題研究:5~6件程度
募集締切 2015年5月31日(日)
消印有効
2015年6月15日(月)
消印有効
助成決定 当財団選考委員会にて選考の上、9月上旬の理事会で決定


bud申請の手続
●ホームページより「募集要項」「申請書」をダウンロードする場合

※募集要項及び申請書は下記の該当部分をクリックして
 いただければダウンロードすることができます。
I.地域福祉チャレンジ活動助成 募集要項(PDFファイル)のダウンロード
申請書(Wordファイル)のダウンロード
申請書(PDFファイル)のダウンロード
II.実践的研究助成 募集要項(PDFファイル)のダウンロード
 ①実践的課題研究助成 申請書(Wordファイル)のダウンロード
申請書(PDFファイル)のダウンロード
 ②若手実践的課題研究助成 申請書(Wordファイル)のダウンロード
申請書(PDFファイル)のダウンロード
ダウンロードしたWordの申請書にデータを入力して申請することができます。
但し、申請書を印刷し、押印の上ご送付ください。
電子メールによる申請は受付けません。 
必ず募集要項を熟読の上、申請ください。

●「募集要項」「申請書」を請求する場合
I. 地域福祉チャレンジ活動助成
II. 実践的研究助成(実践的課題研究・若手実践的課題研究)

各々、送料分の切手を同封の上、下記宛へご請求ください。
送料 Ⅰ.205円 Ⅱ.250円
ご請求の際はⅠ・Ⅱいずれのご希望かをご記入ください。


【お問い合わせ・請求先】
 〒541-0042  
 大阪市中央区今橋3丁目1番7号 日生今橋ビル4階
 日本生命財団 高齢社会助成 事務局
 TEL.06-6204-4013
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/

2015年3月12日 (木)

ランチタイム見に来んさーと(ミニコンサート) in サロン 2015

第8週目、3月10日は 歌・ピアノ・クラリネットのアンサンブル

演奏は、歌・石原理恵さん、ピアノ・水間由紀子さん、クラリネット・手塚菊子さん。

3人とも高校の同級生で、3人揃っての演奏は久しぶりとのこと。

ピアノの水間さんは東京からかけつけてくれました。

普段は、それぞれがライフワークとする活動に取り組んでいます。

cafe 本日のプログラム

・愛の喜び (マルティーニ)

・オペラ「リナルド」より(ヘンデル) 涙の流れるままに

・歌の翼に(メンデルスゾーン)

・「オペラ座の怪人」より

・セーヌ河岸(浅川 朋之) クラリネットソロ

・ジュ・トゥ・ヴ (サティ)

3人の息もぴったり!素晴らしい演奏でしたnotes

Img_1863

Img_1864_2

cafe 次回、3月17日は、声楽 小林芙沙子さんの演奏です。

2015年3月 4日 (水)

NPO法人あおぞら会

沼田市で唯一の精神障害者支援を行っているあおぞら会は、

現在群馬県共同募金会でつかいみちを選べる赤い羽根募金にエントリーし

寄付を募集しています。

募金期間は3月末日までです。上記HPからクレジット決済もできます。

この寄付金は、りんごやブルーベリーの商品開発に活用され、

通所者の経済的自立に繋げていきます。

Kimg0080_3

JA沼田敷地の一角にあるキッチン

Kimg0078_2

Kimg0075_2

キッチン1

Kimg0074_2

キッチン2

Kimg0076_2

野菜乾燥機、リンゴチップなどが製造できます

Kimg0077_2

倉庫

Kimg0081_2

別の作業所では子供のお菓子のおまけとなるアクセサリーの袋詰めが行われていました。