フォトアルバム

開館時間のご案内

  • 開館時間 平日10:00~19:00、土曜日10:00~15:00、日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。
  • 荒天時(特別警報発令時、大雪等の場合)には休館となる場合があります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

NPO・ボランティアサロンぐんま

  • 〒371-8570 群馬県前橋市大手町1-1-1 県庁昭和庁舎1階 TEL:027-243-5118 FAX:027-210-6217

« 見に来んさーと in サロン 2012 ~魅惑のサックス~ | メイン | 心にひびく篠笛 1月31日ランチタイム見に来んさーと »

2012年1月28日 (土)

NPO等の情報発信力パワーアップセミナー(市民力養成講座)報告

平成24年1月27日(金)県庁昭和庁舎21会議室にて
日本財団/CANPAN 山田 泰久氏をお迎えし
市民力養成講座2012(NPO等の情報発信力パワーアップセミナー)
を実施しましたので報告します。

テーマ:活動を世の中に知ってもらおう!!

写真は講義の様子です

Img_3980

写真はミニワークショップの様子です
ワークシートへの記載と、2~3人のメンバーでの意見交換の様子です

Img_3991 Img_4016

写真は本講座担当の斉藤が進行役を務めているところです

Img_3964

写真は講座終了後にサロンにて、講師を囲んでの交流会の様子です
ソーシャルメディアの紹介中

Img_4057

概要
  講義① 60分
   ・NPOの情報発信の意義と状況
   ・インターネット、ソーシャルメディア

  ミニワークショップ 10分
   ・情報発信の情報交換
  
   (休憩5分)
  
  講義②(と質疑応答&まとめ) 45分
   ・ブログ、ツイッター、Facebookなど
    ※インターネットの画面を見ながら
   ・質問票(ワークショップで作成)を見ながら回答
です。

NPOの情報発信についてのポイント
①誰もが情報発信をしている
 ・今迄と同じ発信では他の人に伝わらない
②人が多く集まるとこに情報を出す
③「伝える」情報発信から、「伝えてもらう」情報発信
 ・〇Twitter ○Facebook 〇ブログ 用それぞれの原稿を作成し
  先方が広報してくれるのに容易なものを情報発信する
 ・どうやったら相手が他の人に伝えれくれるか、伝えやすいか
  イメージして
④情報の重要度は、発信者ではなく、受け手が決める
⑤情報発信は「漢方薬」・・・少なくても半年は継続する
⑥団体情報データベースの活用(CANPAN、Yahooボランティア、
 自治体やNPOセンターのポータルサイト)

インターネット社会だからこそ
①検索と詮索と口コミ
 ・〇Google ○Yahoo 自分の団体を検索してみて、
  どうネット上で見えるのか確認してみる
②情報発信と、場の設定(ネットとリアルな場の連携)
 ※ネットで発信し、人を集め、ネットで関係を保つ
③伝えたい人に一番伝えやすい方法で
④ツールの選択と連携
 ・何を伝えるのか、伝えたい人に何を伝えるのか
 ・伝える相手にどうすれば伝わるのか、どんなツールを使っているのか
など(栗原)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/234770/27849801

NPO等の情報発信力パワーアップセミナー(市民力養成講座)報告を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。