フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。
  • 荒天時(特別警報発令時、大雪等の場合)には休館となる場合があります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« 2020年度地球環境基金助成金説明会・セミナー | メイン | 日米草の根交流 コーディネーター募集 »

2019年9月25日 (水)

公益財団法人 群馬銀行環境財団と一般社団法人 群馬県フロン回収事業協会の協働について

2019年8月18日(日)にエコ・キッズ・キャンプ in赤城山 が開催されました。

Img_2026

エコ・キッズ・キャンプは2005年~始まった取り組みで、

公益財団法人 群馬銀行環境財団が主催となり、

参加した小学生は赤城山の自然の中で、地球温暖化やオゾン層の破壊などを実体験を通じて学びます。

一般社団法人 群馬県フロン回収事業協会はエコキッズキャンプに第1回から協力しており、

「フロンガスがどうして環境に悪いのか」子供たちに分かりやすく実演・説明し、環境を守ることの大切さを伝え続けています。

事業概要

appleエコ・キッズ・キャンプ

2005年~群馬県内の小学生を対象に、赤城山の自然の中で環境問題に関する体験学習を行い、環境保全について学ぶ機会を提供する。

一泊二日で、ツリーイングやソーラークッカー体験なども交えながら、年齢の異なる子ども同士の交流を図る。

協働における公益財団法人の役割

環境問題を子どもたちに知ってもらうための「体験学習」の機会を作る

エコ・キッズ・キャンプを主催し、環境保全の大切さを伝える

協働における一般社団法人の役割

フロンガスが大気中に放出されると、オゾン層破壊や地球温暖化など地球環境にいかに影響を与えるか、そしてその対策を説明

 フロンガスを使って物を冷やす仕組みの説明

フロンガス回収作業の実演

地球温暖化とフロンに関するパネル展示

協働したことによる効果

地球環境問題の解決には国境を越えた協調が不可欠で、問題の規模があまりにも大きいことから身近なこととして実感することが困難です。

しかし、フロンガスが環境に及ぼす影響を実際の機器を用いたり、実演を交えることで子どもたちに環境問題をより身近に感じてもらうことができました。

協働することで子どもたちは環境問題を自分のこととして捉えやすくなり、人間と自然との共生を考え、環境問題に率先して取り組んでいける大人に成長してほしいというきっかけづくりになりました。

 

Img_2015

※キャンプ当日の様子

Img_2017

↑ 

フロンが物を冷やす仕組みを実演している様子。

子どもたちが触っているところには霜がついている。

(液体状のフロンは圧力を下げると気体になる。気体になったフロンは熱を奪い、霜が降りるという仕組み)

Img_2031

↑ 白い石灰のような塊は、フロンを無害化したもの。

(フロンはフッ素と石灰を混ぜて高温で燃やすと無害化する)

日々が豊かになる中で、地球を大切にしながら暮らすことの重要さを、イベントを継続していくことで伝え続けてほしいと思います。

公益財団法人 群馬銀行環境財団

(群馬銀行環境財団は、株式会社群馬銀行により設立された財団です)

http://www.gunginkankyo.jp/index.htm

代表 深井彰彦 

住所 前橋市元総社町171-1 

主たる活動 環境保全、環境教育、環境保全活動に対する助成

一般社団法人 群馬県フロン回収事業協会

http://gunma-flon.or.jp/

代表  藤田実

住所 前橋市紅雲町1-7-12 住宅公社ビル4F 

主たる活動 フロンの回収・破壊、技術講習会の開催、啓発活動及び環境教育

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/234770/34190282

公益財団法人 群馬銀行環境財団と一般社団法人 群馬県フロン回収事業協会の協働についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。