フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

2011年6月 9日 (木)

タオル帽子を前橋赤十字病院へ(前橋市朝日町)

8日、前橋赤十字病院前田看護部長に、当NPO・ボランティアサロンぐんまの

コーディネーターがタオル帽子を届けました。

Img_2110 寄贈を受ける前田看護部長

化学療法中の入退院をしている患者さんへ、渡していただけるとのことです。

Img_2115  前田看護部長、奈良係長と

タオルの色柄を上手く活かした完成品に好評をいただきました。

ボランティア参加者の励みになることと思います。

Img_2107_3  寄贈品

私たちも届けるだけでなく、使ってみての改善点や患者さんからの要望を、

病院側からもフィードバックしていただけるようお願いしてきました。

また、前田看護部長、社会課奈良係長から、あわせて情報収集もさせていただきました。

お忙しいところ、ありがとうございました。

Img_2108ラッピングする ぐんまちゃんpresent

flairタオルの帽子作り

タオルの帽子作りとは、岩手ホスピスの会(盛岡市)が始めた、

闘病中のがん患者さんに手縫いのタオル製帽子を贈る活動です。

当サロンでは、「ちょこっとボランテイア」(毎週土曜日14:00~16:00)の

体験メニューの一つになってます。

一枚のタオルで、裁縫が少なくて済む型紙を使い、2時間あれば完成します。

裁縫だけに限らず、フェイスタオルの寄付や寄贈するさいの梱包材

(篭・リボン・ラッピング材)の寄付などもボランティアの一つです。

縛られず発想の幅をひろげ、活動に参加してみてください。

                                   by齊藤cherry

Img_2111 Img_2096_2

2010年10月28日 (木)

がん患者のためのタオル帽子寄贈

 NPO・ボランティアサロンぐんま「ちょこっとボランティア」企画で

ボランティアの人たちが、がん患者のためのタオル帽子を作っています。

Img_1325_2 寄贈を受ける川端庶務課長

  37人のボランテイアさんで57個作り、 その中から20個を、

  群馬中央総合病院へ寄贈しました。

 サロンのスタッフから川端庶務課長に渡しました。

 ボランティアの皆さんありがとうございました。

 タオル帽子作りは、12月25日まで継続してやっていますので、

 興味のある方は、材料は用意してあるので、サロンでボランティア

 を体験してみませんか。

Img_5565 Img_5592 製作中の様子

 タオル帽子は、岩手ホスピスの会の活動がきっかけで全国に広まりました。

 闘病中のがん患者の方たちに、頭を保護するため使ってもらいます。

Img_1329_2 完成品

 出来上がりは、柄の配置具合でとても可愛らしい物や、きれいな物など結構多彩です。

sunがん患者のためのタオル帽子作りsun

 とき:10月2日~12月25日の期間の土曜日 14:00~15:30

 「ちょこっとボランティア」は他にお手玉作りや、アクリルタワシ作りがあります。

                                                                                         by齊藤