フォトアルバム

開館時間変更のお知らせ

  • 4/1より開館時間は   平日10:00~19:00、  土曜日10:00~15:00  日曜日、祝日、11月全館閉館日、年末年始は閉館となります。
  • 荒天時(特別警報発令時、大雪等の場合)には休館となる場合があります。

NPO法人会計基準

  • TypePad に登録する

最近のトラックバック

« たくみの里 | メイン | パソコンお助けサロン 第1回 第2回終了しました。 »

2008年9月10日 (水)

わたらせ”森と水の音楽祭”

NPO法人グループ28が主催するわたらせ”森と水の音楽祭”に行ってきました。

グループ28は音楽祭の他、桐生市外出支援、過疎地域有償運送サービス、わたらせ渓谷鉄道保存、地域のクリーン活動などを行っているNPO法人です。

桐生駅からわたらせ渓谷鉄道にのりました。

8bf4_2 チョコレート色の二両編成の列車は大変レトロな雰囲気でした。

車内には2015年の公共交通をつくる会により作成された沿線ガイドマップがありました。

神戸駅手前のトンネルそばには、車内から滝が間近で見られるポイントがあります。手前で車内アナウンスで教えてもらい、徐行してくれたのでよくみることができました。

神戸駅につくと、シャトルバスが待っていてくれ、会場の童謡ふるさと館まで移動しました。

会場につくと館庭ではドラムパーカッションによるワークショップ(動画)が行われていました。誰でも飛び入り参加できます。

F690_2 NPO法人たんぽぽによる模擬縁日も楽しそうでした。

たんぽぽはちょっとした時間だけでも子どもを預かる保育事業を行いながら、身近な子育て支援を行っているだんたいです。

  

  

  

グループ28の代表の佐々木さんは80歳になる大変お元気な方でした。

人の身体が太い動脈だけではなく、末端の細い血管も機能しないと維持していけないのと同じように、過疎地域の公共交通も大切だとお話ししてくれました。それで移送や、わたらせ渓谷鉄道保存運動に力をいれているそうです。市民だけではなく、鉄道会社、行政とのさらなる連携が大切だとお話ししてくれました。ちょうどわたらせ渓谷鉄道の社長さんも模擬店出店で参加されていたので、ご紹介いただき、ちょっとだけお話しを聞くことができました。大幅な人員削減をしているので、フリー切符販売や行楽シーズンの駐車場整理などボランティアさんに協力してもらっていたりするので、地域との繋がりを大切にしているとお話しをうかがいました。音楽祭では記念運行列車を走らせています。音楽列車として一両を貸し切り専用車両にして、パーカッションサークルによるイベントがおこなわれました。そして参加者とともにシャトルバスで会場に移動し、ワークショップが行われました。ちなみに帰りも同じ列車で参加者と一緒に帰りました。

300人以上が集まり音楽祭が開演しました。

C838_3  B2f1_2

  

  

  

  

  

  

プログラムは一部は民俗音楽とクラシックの調べ

ソヘグムという民俗楽器の演奏、わたらせをテーマにしたシンガーソングライターの歌、ピアノ独奏、NHK歌のお姉さんだった眞理ヨシコさんの童謡

二部は和の息吹

尺八、篠笛、能管演奏、深川富岡八幡宮・葵太鼓でした。

たいへん、盛りたくさんなプログラムでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/234770/16051680

わたらせ”森と水の音楽祭”を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。